Category: AFV

MENG 1/35 Panzerhaubitze2000 ビルド

今回ご紹介のキットはこちら! 1/35 ドイツ PzH2000 自走榴弾砲増加装甲付き 先のブログでも書いたがパーツ数はそんなに多くはない。 素組みなら毎日2時間程度やれば1週間程で完成するだろう。 やはり一番時間を喰うのは数が多い履帯部分だが、接着剤不要の為スムーズに組み上げる事ができた。 ココで注意したいのが履帯のセンターガイドのプラが非常に薄くなっていること。 破損しないように注意したい。

MENG 1/35 Panzerhaubitze2000 アンボックス

■ 今回からTomoyaさんにもレビューをお願いすることになりました。 1/35スケールのAFVを丁寧に作られるモデラーさん。 作品をご覧になったことのある方もいらっしゃるのでは? どうぞよろしくお願いいたします! ■  今回ご紹介のキットはこちら! 1/35 ドイツ PzH2000 自走榴弾砲増加装甲付き 1970年代よりドイツ(西ドイツ)・イギリス・イタリアは、M109 155mm自走榴弾砲の後継として155mm自走榴弾砲SP-70を共同で開発していたが、さまざまな問題から開発中止になった。それに伴いドイツでは新たな自走榴弾砲の開発を決定した。この車両は2000年の実戦化を目指し、パンツァーハウビッツェ2000の呼称が与えられた。主砲は、ラインメタル社が独自に開発した52口径155mm榴弾砲を採用している。砲身長は8.06mにも達し、砲身先端には多孔式の砲口制退機が装着されている。通常榴弾を用いた場合の最大射程は30kmに達し、ベースブリード榴弾を用いた場合は40kmという長大な射程を得ることができる。

タコム1/35 T-55AM Vol.2

タコムT-55AMを作っていきます。まず始めに、中性洗剤などでランナーごと洗いましょう。この時、パーツを折ったりしないよう注意してください。この若干ヌルヌルとした離型剤を落とさないと、塗装が乗らないなどの失敗の原因となる恐れがあるからです。サスペンションは2~3パーツで構成されていて、精密感アップ。訂正書の最初の組み立て手順であり、形の似たパーツもあるので訂正書をよく見ながら進めましょう。この転輪ゴムパーツのようにモールドとモールドの間の狭いところにあるゲートを処理するときは、タガネや画像にあるような刃の小さなデザインナイフがあると便利です。