Month: October 2010

「空と宇宙展―飛べ!100年の夢」(その2)

ここからは宇宙編です。 しかし考えてみればあらゆる万物はすべてこれ大宇宙の一部であるがゆえに例えどんなに関係なく思えるものを扱おうがそれらはすべて「宇宙もの」というジャンルの中に包括されていいから!そういう屁理屈はいいから!! 上にあげた「はやぶさ」は以前相模原で見学してきた熱構造試験モデルだと思います。これに限らずJAXA関連の展示品は宇宙科学研究所(ISAS)から貸し出されてきたものが多いようで、しかし普段は一般公開されてないものばかり。実に貴重です。

「空と宇宙展―飛べ!100年の夢」(その1)

上野の国立科学博物館で開催中のイベントに行ってきました。 画像見るなり「またにわか『はやぶさ』ファンか!」などとお思いがちかも知れませぬが、いやいやそれどころじゃございませんよ?実はこの特別展、極めて模型的なイベントなのです… 国立科学博物館では、2010年10月26日(火)から2011年2月6日(日)まで、特別展『空と宇宙展 -飛べ!100年の夢―』を日本の航空・宇宙100年を記念して開催します。 今年は1910年12月に日本初の動力飛行が実現してから100周年となります。 『空と宇宙展』では、国立科学博物館所蔵の未公開資料や宇宙航空研究開発機構(JAXA)の資料など、航空・宇宙の技術開発の100年の歴史と成果、そしてこれからの姿を集めて展示を構成します。航空と宇宙に関する技術的な成果を集めて広く紹介する、これまでに無いユニークな内容の展覧会となります。日本の航空史上に残る貴重な写真や模型、プロペラなど機体構成物などから、日本の宇宙開発のスタートを飾った「ペンシルロケット」や小惑星探査機「はやぶさ」の実物大モデルなど貴重な資料を展示、大空と宇宙に魅せられた研究者・技術者の姿を浮き彫りにします。航空・宇宙ファンや児童・生徒・学生をはじめ、ファミリー層や航空機・宇宙開発に携わっている研究者、技術者、関連ビジネス関係者など多くの方々が航空・宇宙分野の夢と力に触れることのできる内容となります。 うん、まあ「商品」とか「流通」とか「商売」とかにはあんまりどころか全然関係ないんですけど。趣味的に、ね… 会場内一部を除いてフラッシュさえ焚かなければ撮影自由、こと模型関係ではあんまり知られてなさそうな気がするのでいろいろ紹介してみたく。 というわけで日本初の模型飛行機、二宮忠八製作の「烏型飛行器」ならびに「玉虫型飛行器」(ともにレプリカ)であります!日本のエアモデル趣味はここから始まっているのです。 当人は至ってまじめに軍事利用を建白していたわけなのですが、なんといいますかこー機体全体からわきあがるようなホノボノ感がどうにも趣味的だよな。 機体デザインのクラシカルさもさることながら、ぼんやり考えてるうちにアメリカの自転車屋兄弟に先越されちまったYO!と自重する手紙がすごいむかしだ…。 もしエアプレーンというものが毛筆水墨画文化から始まっていたとしたら、また別の方向に発展していったかなあと想像するだけならタダだな。 こっちの模型は日本で初めての動力飛行、徳川好敏大尉の搭乗したアンリ・ファルマン複葉機の模型です。いまの代々木公園で飛んでたんですな。 同時に飛行した日野熊蔵大尉ともどもパネルがはられておりまして、フツーこの手のは興味無くブッ飛ばしていくのですが(失礼なヤツめ)二人とも戦後まで存命だったのか!とか日野大尉って「日野式拳銃」の人だったの!!などオドロキが一杯。知らなかった… レトロ感ただよう人工着色写真も多く展示されていまして、そちら関係ご趣味の方にも具合がよろしいかと。 でも自分の趣味はもっと物騒なところに興味があるのです。男はみんなオオカミで戦争とはウォーでがんす。 戦時下の模型が一杯で「研三」好きじゃぁぁぁああっ!コイツはあんまり物騒ではないが。 二式単戦「鍾馗」の風洞実験用木型模型。キャノピーが無いのはなんででしょ? ある種の懐かしさを感じるのは、つい10年ほど前まではプラモデルの開発現場でこのような方法も…いや、木材はもう使ってなかったかな? 九六式陸攻「ニッポン号」世界一周飛行記念のスーベニア製品。銀製ってこりゃ当時からお宝ですわな。 しかし庶民的なグッズも多数ありで昨今の「はやぶさ」ブームと根っこのところでは同じなんだろうなーとか思う訳です。いやお値段は付いてないので「なんでも鑑定団」を連れてくるべきなのです。 そして飛行機模型と言えば図面が命!でこれは誉エンジンの図面であります。図面通りに行ってればもっと誉を得られたのになとかブラックなことは考えてませんよ!? 「ココヲモツナ」とか「ノルナ」なんて注意書きにも立派なフォント指定がある! しかしただカタカナが羅列してんの見るだけで感動できるんだからオタクって簡単な人間だよな。 そして個人的に今回展示品いちばんの目玉はコレ!新聞記事にもなったのでご存知の方も多いでしょう、新たに発見された「銀河」「月光」の図面です。 ひょっとしたら新発見や新解釈や、新製品につながる何かが出てくるんじゃなかろうかと期待にわくわく(商売関係無しじゃないのか)しながらケース内を激写した!  意 味 無 し(´・ω・`) えー、せっかくなんだからもーちょっとこー、なにかチラリズム的なものをですね。 まあ表紙だけでも撮れた価値はあって「J1N1」の図面だったらそれは「月光」の図面じゃないだろーと、 しかしどうして 重爆 重箱の隅をつつくような生き方しかできないのか、やっぱオタクってめんどくさい人間だよな。 こっちは実物、零戦に使用されたことで有名な栄21型エンジン。 「ハ―115」って陸軍名称もありますが、銘板には「二式一一五○馬力発動機」の文字があってこれは初見です。 国産初の「ネ20」ターボジェットエンジンは戦争末期に特別攻撃機「橘花」用に開発されたもの。 気合いの入った墨文字がまるで今川版鉄人28号のようです(その感想はおかしいです) ちょっと流れから外れるのですが現在旅客用に使われているV2500ターボファンエンジン。日英米独伊の五カ国共同開発で、1988年エアバス機でデビュー。 もうずいぶん前から航空開発での国際協力って既定路線なんで、武器輸出三原則とかあー難しいことは考えずに「ギア戦士電童」萌えです(関係ないです) 展示資料の多くは以前足を運んだことがある「かがみはら航空宇宙博物館」から貸し出されてきたようで、これらの模型もそのむかし見たおぼえがそこはかと。いやまさかもういちど見られるとは思わなかったので実に感無量です… どれが見たことあるやつで、どれが初めて目にするものかは…全然記憶が定かでないのでワカリマセン(苦笑) 博物館展示模型というものも一般のプラモデルと比べて要求される仕上げの基準が違うものとは思いますが、魂が細部に宿る点では変わりが無いようですね。 子どものころからひと目で見分けがつく「飛燕」が大好物でした。となりの「隼」は撮影してきたけれど「零戦」も「紫電改」撮ってなかったのは…やっぱメジャーはだめじゃーって… 今回の展示とも関係のある「銀河」と「月光」ホントは双発機じゃ「屠竜」がスキってあーこれ単に自分が陸軍機指向だってことか?考えたこともなかった… 銀河はエンジンが近づきすぎでやかましく、観測員がスゲー大変と聞いたがなんとなく納得。大丈夫だ、問題ない。 自衛隊機の模型もむろん在り、見慣れたT-1練習機が照明の加減からかな、やたらと格好良くてついパチリ。 現用飛行艇の系譜。各務原の性格上からか、US-2は試験機カラーですね。 しかしXP-1とXC-2は部隊配備想定(?)カラーなのであった。かっけー! 日本初のヘリコプター(プラモデルにもなったカ号観測機はオートジャイロ)がタンデム式ローターだったのは驚きました。 でもなにがいちばん驚いたかって大正時代に「恵美号」なんてすげー萌えで嫁な名前の飛行機作ってたひとがいたことです。 やはり日本人は未来に生きていました!これからも未来を生きていく!現代には立場が無い! 三菱リージョナルジェットMRJ、その構造を作る炭素繊維複合材、そしてJAXAの静粛超音速研究機を置いて航空編はここまで。

「オスプレイ軍用機 クロアチア空軍のメッサーシュミットBf109エース」

看板で物を売るってよくあることです。昔々まだ架空戦記小説がそれなりに売れていた頃「売り上げを伸ばす為には絶対に絶対に表紙を戦艦大和にしろ」なんて言われてました。戦国物なら「真田幸村にしろ」だったか、売れ筋というのは確かにあるものです。しかしあんまりメジャー指向が強いと似たような性格のブツが増えて飽和するというのもまた確かであります。数年前に本書が刊行されたとき表紙だけ見て「またメッサーシュミットか」と、確かに思った記憶がある。なるほどメッサーファンって世界中でブイブイ飛び回ってるけどさぁ、流石にいろいろ漁りすぎじゃない?なんてことを考えた。 数年経っていまようやく内容を熟読し当時の浅慮を甚だ恥じ入るものであります…

カマド出版「日本陸軍の戦車」

はじめて刊行のアナウンスを聞いてからしばらく時間が経ち、漸く発売されてから一週間ほど過ぎましたので筋金入り日本戦車ファンの皆様ならば既に入手済みかと思えるマストバイな一冊です。タイトル通り旧日本陸軍の「戦車」に的を絞った本で、自走砲/砲戦車やその他の機甲化器材については触れられていません。 旧軍戦車本というものもこれまでいろいろ読んで来ましたが、本書の特色はボリュームの半分近くを八九式中戦車への解説に割いていることでしょう。雑誌の特集記事ならいざ知らず、単行本でここまで八九式に重点を置いた本ってちょっと覚えがありません。大抵の場合は九七式中戦車チハが主体で「前菜」みたいな扱いが多いイ号ですが、本書では最初からメインディッシュで登場です。

「トライデント ピグメントを作れる粉」

(株)トライデントから発売されている一風変わった模型用素材のレビューです。最近、完成品レビューが多かったので工作事例をおひとつ。 さてひとくちにピグメントと申しましてもMIGプロダクションはじめ各色いろいろ発売されている今日この頃のホビーシーン(笑)ですが、市販のものでは飽き足らない、市販のものには欲しい色がない、といった方々にうってつけな「自分で・好きな色を・いつでも・必要なだけ」作れる便利な魔法の粉らしいぞ。

第50回全日本模型ホビーショー(東京ホビーショー)レポート(その6)

ウェーブ+コトブキヤ PKA K型夜戦仕様「ケッツァー」はコンラートの金型流用かと思いきや完全新規でした。キャノピーが新規デザインだ~! ウェーブのメカもの、パネル関係。 そしてなんだかトンチ問答みたいな形で新製品幻影編版RSC。 バトルテックシリーズからウォーハンマーとライフルマン(大間違い) 実は「けいおん!」についてもあまりくわしくない… こっちメインだってことは、わかります。 ビーチクイーンシリーズ新作 なのはさん関連も。 ここからコトブキヤです バーチャロイドといえばコレ!なベルグドルも発売決定!中止かと言われてたんでこりゃ嬉しい。しかし激弱で不人気なメカだったことも確かだ… スパロボOGからはコンパチブルカイザー。TVシリーズ始まったけど、そっちと連動なのかは不明… フレームアームスシリーズ初の女性型ロボット「ラピエール」 エントリープラグ箸にはちゃんとパイロットが搭乗してます。 1/10SWフィギュアは「帝国の逆襲」からシリーズ開幕。 ディフオルメダンクーガとガンバスター。 メダロットDSより。あ、メタビーじゃないのか。

第50回全日本模型ホビーショー(東京ホビーショー)レポートその5

アオシマじゃよ、アオシマじゃよ(いつも言ってる気がする) スペースクラフトシリーズ第二弾「HTV」は今月発売予定、太陽電池パネルはクリアブルー成型で製品として前作「はやぶさ」より熟成されてます。 参考出品の「あかつき・イカロスセット」と「ひまわりセット」ひまわりのセットは何故この3機なのか、「現代萌衛星図鑑」読めばすぐにわかります! これは模型ファンでなくても宇宙開発ファンならきっとほしくなる一品。思うにこの手の宇宙関連商品って国立科学博物館の売店で売れそうな気がする。 そして模型ファンでなくても近海漁業ファンならきっと欲しくなる「第三十一漁福丸」思うに築地の魚市場で売れそうな気が メーカーのすごい本気を感じますね。ところでポルテンって何? 漁師一体とマグロ一匹が付属。リンドバーグ社の漁船シリーズとは比べ物にならないほどの素晴らしい出来栄えですね! 「どーせ次はLP500Sだろう」との予想を大幅に裏切って5000QVクワトロバルボーレ! ボディ含めて新規パーツ多量です。 懐かしい「バリバリ伝説」のCB750F。巨摩郡も最後はGPレースまで行ってたハズだけど、シリーズはどこまで? 魚雷艇PT-132はスリガオ海峡夜戦の殊勲艦で、そういえば1/350スケールでも扶桑が出てましたな。 アーバレストの緊急展開ブースター装備にはカメラアイ等用に蓄光剤パーツが付属するのがおもしろいところ。 以下アオシマ扱いドラゴン製品 人物よりパッケージの方が気になるアメリカ海兵隊ペリュリュー1944(特二式内火艇と九五式軽戦車は足回り共通) 一号指揮戦車初期型。ループアンテナ仕様の立体化は初めてかな? 同じ1/350でもハセガワとはちがうインデペンデンス級護衛空母

第50回全日本模型ホビーショー(東京ホビーショー)レポートその4

今度はハセガワ。 スペースシャトル・オービターとハッブル宇宙望遠鏡のセット。 カーゴハッチから分離途中と観測状態の2種類が選べます。アメリカ人がISSより愛してやまないハッブル望遠鏡、作業中の宇宙飛行士とか「コンタクトレンズ」とかいろいろ胸が熱くなる情景を考える… 既存のキットをうまく利用した747とエンタープライズのセット。宇宙ものがブームの今ならではこそか。 マシーネンクリーガーから1/35ナッツロッカーもうじき。 細かなパーツも多くて楽しいプラモデルになりそうです。 でも本当に楽しみなのはこのひとたちが別で売られないかなあってことです(そんな予定は無いです) ヒューズ500MDディフェンダー、イスラエル空軍仕様は横山センセのパッケージ画です。(なんで横山センセなのかは・・・「SF3Dクロニクル」を読もう!) 最近市場で見かけなくなってたポリカルポフI-16、2機のコンボで登場です。(小さいんでふたつあっても邪魔になりませんね。この機会を逃すとまた見かけなくなるヨカーン) 1/350カサブランカ級護衛空母「ガンビア・ベイ」。50隻作られたカサブランカ級護衛空母の中でも最も有名な一隻です。 パッケージは実に普通なイラストなのですけれど 初回限定特典として奮戦中のガンビア・ベイポスターB1サイズがなんと生頼範義画伯(ホントは頼の字が旧字です)の手で!(ソノラマ文庫戦史シリーズファンは泣いて喜ぶ「空母ガムビアベイ」の表紙と同じでああもう文体がヘンだな) オプションアイテムも一通り別売りで。 マイザー・デルタは一部組み換えで変形。基本的にデカールは使わず成形色で色分けってすごいな。 1/48VF-1A/S「スカル小隊」新規パーツとデカール。「柿崎機デカールはおまけで」ってどういうことなんだ!? ハセガワ新規の1/12スケールバイクシリーズは「スコットレーシングチームホンダRS250RW“2009WGP250チャンピオン”」初回限定でクリア成形カウリング付です。 ドイツレベル製品で今年のF1モデル。今年はドイツ人F1ドライバーが多かったですねー。 偏光シートの新色は太陽電池パネル色です。これは応用が利きそう!建築模型なんかにも…使える…のかなあ。 あんまりくわしくないんですが、男はやらないみたいですね。

第50回全日本模型ホビーショー(東京ホビーショー)レポートその3

ここからスケール物中心で、まずはタミヤ。 三号突撃砲G型フィンランド軍使用。1ランナーの追加で前期/後期の改修型を再現。(フィンランド軍の三突はがっちり考証されてる本が出版されてるけど、コンクリートブロックのパーツはドイツ軍使用でも使えるかな、と思う) 35(t)軽戦車はCMKの車体にタミヤ製のフィギュア・装備品が付属。 完全新規のソビエト歩兵突撃セット(1941-1942) (背後に機関銃チームを並べて…) 懐かしのビッグスケールキット、1/16レオパルド1A4と1/25「ロンメル」。ロンメルのパッケージが格好良すぎる!! イタレリの1/24ウイリスジープ。ネーミングライツはダイジョブなんですかね??? 1/16RC M51スーパーシャーマン。久しぶりのイスラエル軍アイテムですね(既存のHVSSサスペンション・溶接車体からの発展アイテムなんでこれが直ぐにイスラエル物全盛になるって訳ではないらしいが) 1/350重巡洋艦「利根」カタパルトのトラス構造はインジェクション+上面にエッチングで再現。 バレンティーノ・ロッシ ハイスピード・ライディング。タミヤ久しぶりのライダーフィギュアはポリスチレンとエラストマー樹脂を使用したハイブリッド製品です(エラストマージュシッテナンダロウ) ヤマハYZR-M1’09モンスターヤマハ テック3。最新のモトGPモデルも久しぶりな気が。 併せてウェザリングマスターも新色が発売です。これはバイクモデル以外にもいろいろ使えそう。(まぁ、ガンプラとかですね…) マクラーレンM23、こちらは1/20スケールの1976年仕様 同じく1/12、1974仕様。デカールはどちらもテキサコカラー。(なんだけど、とある個人的な事情によってヤードレー仕様に親近感をおぼえるものであります。タケノツカタケノツカ) 時々スポット生産されている感があるウルフWR1ですが、今回はエッチングやエアファンネルカバーが付属です。 こっちは久しぶりなマクラーレンM8A、1/18チャレンジャーシリーズ。(とある個人的な事情によりローラ(ry ロータス79もマルティーニカラーの1979仕様でカーモデルは実に70年代の空気に満ちてますが、 RCではマクラーレン・メルセデスMP4-24がいまどきのF1を再現。(19740円ってデ○ゴスより絶対お買い得だと思ふ) 航空機はイタレリの48サエッタと72スパルビェロ。どちらもイタリア空軍主力アイテム。 タミヤ製品限定メッキ版3種。百式司偵をメッキで!やるいみがよくわからない