Month: July 2014

ワンダーフェスティバル 2014夏

半年前は豪雪でしたが今回は猛暑の夏ワンフェス。参加された皆々様はご無事でありましたでしょうか?会場の熱気はモーレツなものでしたが、例によってレポートはヌルいや涼しげな空気感でお送りいたします( ˘ω˘) 会場発表で驚かされたのは海洋堂のスターウォーズ関連です。

エデュアルド「1/144 スピットファイア Mk.IXc 」

エデュアルドの1/144スケール航空機プラモデル「スーパー44」シリーズからスピットファイアMk.IXc、2セットin1ボックスの“デュアルコンボ”の製品です。 Aランナーはマーリン系エンジンを積んだスピットファイア各型の共通パーツということになるのかな?当初から排気管とタイヤが2種類含まれます。

ホビージャパン「戦車模型製作の教科書 MENG編」

ホビージャパンの「模型の教科書」シリーズには既にミリタリーモデルの基本工作と仕上げまでのハウツーを説いた「戦車模型製作の教科書」がありますが、今回はここからさらに一歩踏み込んでMENGモデル製品のための製作ガイド、教科書となっています。無論ここで解説される技法やアイデアは他社製品に十分応用が聞くものですから、フューチャリングすなわち特化ということではありませんのでその点ご注意いただきたく。

バンダイ「1/144 HGBF グフ R35 」

TVシリーズ第二期「ガンダムビルドファイターズトライ」の話題が沸騰しているタイミングではありますが、第一期最終話に颯爽と現れて35歳以上の少年たちの魂を鷲掴みにしたラルさんのガンプラ「グフR35」です。 その昔はラスボスなど最終話のみに登場する機体というのはキット化されないことが不文律ではありましたが、本機はまさかの完全新規設計でのリリースです

フジミ「初音ミク」

世に初音ミクアイテムは多いものですが、ノンスケールの組み立て式、プラモデルとしての「初音ミク」はこれが初めてでありましょうか。たしかワンフェスで第一報を聞いたときには非常に驚いたものです

大日本絵画「アーマー・モデリング 2014年08月号 (Vol. 178)」

特集は「奥深き単色迷彩の世界」。複雑な迷彩パターンを描くよりも、実はもっと複雑な色味や塗装過程を乗せることが出来る単色迷彩のハウツー特集です。「単色」とはいえ1色で塗ってるわけではないのです。 一番の見どころは表紙にもなっているAFVクラブM5A1軽戦車を使用してのカラーモジュレーションの解説でしょう。

モデルコレクト「1/72 T-72B/B1 主力戦車」

中国の新進模型メーカー、モデルコレクトの製品を紹介します。以前から個人輸入などで手にした方も居られるということですが、このたびビーバーコーポレーション扱いで国内正規輸入が始まったもの。 現在HLJで取り扱っているのはまだ四種類のアイテムのみですが、メーカーの公式サイトをみれば旧ソ連/ロシア現用AFVに特化した1/72スケールモデルを、組み立てキットと完成品の2本立てでリリースしているところです。ミリタリーモデルで共産趣味に耽溺する同志諸君ならば必ずや協賛できるラインナップでありましょう。

光人社「伊号潜水艦ものがたり」

以前に同社から単行本として刊行されていた「続・潜水艦気質よもやま物語」を改題のうえ文庫化した光人社NF文庫の一冊です。本シリーズで潜水艦を題材としたものにはイ41潜水艦艦長などを歴任した板倉光馬少佐による著作がありますが、本書を著した槇幸氏はやはり様々な艦艇を乗り継ぎ海軍兵曹長として軍歴を終えた方であり、下士官としての視線で潜水艦運用の実際や現場の雰囲気、乗員の気質など様々な「四方山話」が物語的に記述されます。