Month: May 2017

1/12 KOS-MOS コスモス Ver.4 エクストラコーティング by コトブキヤ 。パート2。ビルド。

    The Ghost is the Machine… コトブキヤは日本のプラモデル界で一風変わった特徴を持っている。 私のレビューを見たことのある人なら気づくかもしれないが、私は以前からプラモデルの歴史に興味がある。 プラモデルは、もともとはアメリカやヨーロッパの会社がより多くの顧客を得るために、船や飛行機(飛行船など)のプラモデルを観光業の為に大量生産したのが始まりだと言われている。トーマス・クックや他の起業家たちも彼ら独自の自動車を作りたがっていた。

1/12 KOS-MOS コスモス Ver.4 エクストラコーティング by コトブキヤ 。パート1。アンボックス

Available from Hobbylink Japan here The Breadth of the Cosmos KOS-MOS(コスモス)は、モノリスソフトが開発したゼノサーガシリーズの中のキャラクターだ。ゼノサーガシリーズはプレイステーション2(以下PS2)初の三部作構成で、元のプレイステーションのゼノギアスの続編と言われることもある。 ロマン的な未来を表現しているゼノサーガシリーズでは、発展したテクノロジーに操作されている社会がまさに破壊されそうになっている様子を表していて、特にPS2ゲームの最初の三作は、ユダヤ・キリスト教、そしてニーチェの哲学的思想を大いに参考にしている。運命、死、アポロ・ディオニュソス的観点主義、そして神の死などに関連するアイディア、またそれらに関係のある思想などが参照されている。 .

1/2 BB-8 by バンダイ パート2 – ビルド

キック・ボール JJ・エイブラムス監督は、スターウォーズの続編の中に新しい、中心的なアストロメック・ドロイドをR2-D2以外にも必要だと認識しBB-8を取り入れた。 この新しいドロイド、BB-8はアストロメックシリーズのデザインを壊さず、かつR2-D2のデザインとは根本的に変える必要があった。

1/2 BB-8 by バンダイ パート1 – アンボックス

小さく愚かなドロイド 宇宙船の中で自動的に動き働くアストロメックドロイドは、アストロやメカなどの名前で呼ばれることもある。このコンパクトなドロイドは修理器具が先端についている四肢を収納するスペースが体内にあります。多くの戦闘機の操縦士は、戦闘法やパワー配分をアストロメックの副操縦士の決定に頼っていた。BB-8は戦闘機のアストロメックのソケットに座り、操縦やハイパースペースジャンプのための軌道の計算を担当した。また、簡単な修理作業も彼の仕事の一つだった。

中四国AFVの会

こんにちは。ホビーリンク・ジャパンです。以前は弊社の日本語ブログがあったのですが、長いこと休止させていただいておりました。ここから引き続き、模型を作る楽しさとプラモデルをめぐる冒険をお伝えして行けたらいいなと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。