Month: July 2017

1/144 AT-AT by バンダイ – ビルド

1/144 AT-AT by バンダイ – ビルド Available from Hobbylink Japan   Earth Shaker 全地形対応装甲トランスポートは全長22.5mの四本脚で歩く巨大戦車である。その立派な体裁は、心理的策略として戦略的理由で使われることが多かった。さらには、兵士の交通手段としての役割も果たしていた。コックピットとセンサアレイはこのウォーカーの頭部に位置していて、スポットライトや主となる備砲も備えている。こめかみ部分にあるブラスター砲や、顎の下に位置する連動式重レーザー砲が備砲の例として挙げられる。ウォーカーの動きをコントロールしているのは、コックピットの中にいる2人のAT-ATパイロットとその後ろに立つ司令官である AT-ATパイロットやその兵士たちは、気候の厳しい環境で与圧コックピットを破壊された時に備えて特殊なスーツを着用していた。重厚な装甲をもつAT-ATはブラスター・ビームではびくともしなかったが、プロトン魚雷などの銃器には弱かった。AT-TEの持つ巨大なマス=ドライバー砲は頑丈なAT-ATのボディーや頭部に傷とつけることはほぼなかった。しかし、初期のモデルの足はミサイルランチャーでも破壊されることがあり、動きがもたつく原因となっていた。さらに、4発ポロトン砲をくらうと完全に破壊されてしまうのであった

1/144 AT-AT by バンダイ – アンボックス

1/144 AT-AT by バンダイ Available from Hobby link Japan The Big Dog on the Block 1979年、私はシェフィールドガウモントシネマで映画を観に行き(何を観に行ったのか覚えてないが)「新作のスターウォーズエピソード5/帝国の逆襲」の予告が映し出されて驚いたのを今でも覚えている。その頃は続編が出るなんて想像もしていなかったのだが、最初の映画を観てからの数年間に、私はスターウォーズへの興味を持ち始めていた。 その予告は、馴染みのあるものと斬新なアイディアの組み合わせできていた。その中の一瞬映し出されたスナップショットがものすごく印象的で、より「スターウォーズエピソード5帝国の逆襲」を観たくなった。予告版はビノキュラーから見える大きな脚のシーンから始まり、雪の中を歩いている巨体の姿が数秒映し出されて終わる。