タコム1/35 M3Grant BRITISH MEDIUM TANK Vol.2

M3グラントの制作に入ります。序盤からやや細かめな足回りの組み立てがありますが、可動します。ですが、履帯が可動式ではないのでそこは残念なところではありますが、可動式の履帯に替えてジオラマ等にすれば映えること間違いなしでしょう。可動するにあたり接着してはいけない箇所がいくつかあるので気を付けましょう。ランナーに付いているボルトを削り取ってサスペンション部分に接着するという珍しい工程があります。少し手間のかかる作業ですが頑張りましょう。履帯の組み立ては一部ジグを用います。これでスプロケットから上部転輪にかけてのたるみを作ることができます。車体上部に取り付けるD12のパーツはランナーから切り離したときは平らなパーツですが、2ヶ所にきりかきがあり、これに沿って折り曲げてから接着します。車体の砲身は上下左右に可動しますが、ここで登場するのが「焼き止め」です。ぺちゃんこにしすぎると溶けてくっついて可動しなくなってしまうので注意が必要です。組み立てが終わりました。少し注意が必要な部分を除けばあとはサクサクと組めます。砲塔にもあらかじめ鋳造跡が施されていて、リアルな質感が再現されています。塗装やウェザリングが楽しみですね!


 

今回のキットはこちら!

1/35 英軍 M3グラント 中戦車(TAKOM)