バンダイ「1/144 HGUC ゼータプラス (ユニコーン Ver.)」

「機動戦士ガンダムUC」エピソード7に登場した地球連邦軍の可変モビルスーツというのがこのキットの素性でありますが、元を正せばモデルグラフィックス誌のオリジナル企画「ガンダムセンチネル」、引いては別冊「ガンダムウォーズ プロジェクトZ」にまで遡ることが出来る昔から人気の機体です。SガンダムやゼクアインがHGUC化した頃からまあずいぶん経ちましたね。

一迅社「ガールズ & パンツァー エンサイクロペディア」

「ガールズ&パンツァー」の世界をより深く理解するための大事典、収録項目は1150超の堂々たるボリュームで徹底解説する一冊です。 書影には可愛らしいイラストが写っていますが実はこれ(最近流行の?)太い帯で、それを外せばこのようにシックな装丁のブックカバーで覆われた、いかにも事典といった雰囲気。これならばJR常磐線の車内でも周囲の目を気にせず落ち着いてページを開くことが出来そうですが、さりとて直ちに特定されることは間違いないでしょう(笑)

ウェーブ「1/20 S.A.F.S. SNAKE-EYE RECONNAISSANCE TYPE シーピッグ」

ウェーブのマシーネンクリーガーシリーズ、傭兵軍の新世代宇宙用戦闘偵察型スーツ“シーピッグ”です。 キットは設定通りに宇宙用戦闘スーツ“スネークアイ”のバリエーションとして発売されたものです。スネークアイもまたSAFSのバリエーションとして展開された製品なので、このシーピッグはいろんなアイテムからパーツを合わせて出来たような製品構成になってます。

フジミ「1/700 熊本城 くまモンVer.」

1/700スケールの熊本城に、大人気のゆるキャラ「くまモン」のシールがセットになって登場です! のスペシャル・アイテムです。熊本城といえば日本でも一、二を争う屈指の名城にこれまた日本でも一、二を争う屈指のゆるきゃらくまモンをコラボしました。

伊太利堂「写真集 続・日本の豆戦車」

伊太利堂主人、吉川和範氏による日本陸軍のタンケッティ写真集。昨夏刊行され好評のうちに完売した物の増補改訂・お値段据え置き版となっております。 「日本の」という枠組みでタンケッティを捉え、国産のみならずイギリスから輸入されたカーデンロイド装甲車についても収録されています。

バンダイ「1/144 RG MSM-07S シャア専用 ズゴック」

バンダイリアルグレード最新作、シャア専用ズゴックです。2012年のガンプラEXPOでイメージイラストが発表されたときにはコレどうせただの見せ球で、実際には発売なんてされないだろーとタカをくくってたものですが(失礼!)、正式発売のアナウンスが流れたときには嬉しい驚きでありました。 考えてみれば当ブログ初のリアルグレード商品レビューであり、RG組むのは人生初のことである。

TAKOM「1/35 ヨーロッパ乗用車 w/ 民兵フィギュア1体とガスロケット弾」

1/35スケールでヨーロッパ製の乗用車と民兵、そしてガスロケット弾をセットにしたTAKOMのプラモデルです(そのまんま過ぎる)。え~っとぉ、どこにも書いてありませんけどぉ BMWです。 1/35スケールでミリタリーモデルのフォーマットに乗せたドイツ製乗用車のキット(中東地域での運用を想定したもの)としてはダイオパークのものが先んじておりますが、あっちはメルセデスベンツでこっちはBMW。全然違います、ネ!