Tag: Rinako

タコム1/35 M3Grant BRITISH MEDIUM TANK Vol.3

塗装、デカール貼り、ウェザリングを施していきます。塗装、工具類や履帯などの部分塗装、デカール貼りを終えたところです。塗装の段階で使用した塗料などについて、画像の左から順に説明していきます。まず、塗料の食いつきを良くするサーフェイサーにはMr.オキサイドレッドサーフェイサー1000を使用。迷彩色にはタミヤアクリルのデザートイエローにフラットホワイトを混ぜた色をエアブラシで全体に吹きます。次にオリーブグリーンにフラットホワイトを混ぜた色で、ウネウネとした緑の迷彩をエアブラシで描きこんでいきます。

タコム1/35 M3Grant BRITISH MEDIUM TANK Vol.2

M3グラントの制作に入ります。序盤からやや細かめな足回りの組み立てがありますが、可動します。ですが、履帯が可動式ではないのでそこは残念なところではありますが、可動式の履帯に替えてジオラマ等にすれば映えること間違いなしでしょう。可動するにあたり接着してはいけない箇所がいくつかあるので気を付けましょう。ランナーに付いているボルトを削り取ってサスペンション部分に接着するという珍しい工程があります。少し手間のかかる作業ですが頑張りましょう。

タコム1/35 M3Grant BRITISH MEDIUM TANK Vol.1

こんにちは、Rinako Komatsuです。今回はタコムのM3グラントのレビューを書かせていただきます。長らく新規のキットが発売されることのなかったM3グラントですが、ここでタコムがリリースしてくれました!ボックスアートは1942年北アフリカで運用された仕様。巻きあがる砂埃が力強さを感じさせます。マーキングは4種類。クリアーパーツ、エッチングパーツが付属しています。

MENGワールドウォートゥーンズシリーズ ドイツ戦車ティーガーⅠ&キングティーガー(ポルシェ砲塔)Vol.3

最後の工程、塗装に入ります。まず最初に塗装がしやすいように、車体と砲塔をそれぞれ缶スプレーのような持ち手となるものに両面テープで固定しましょう。基本塗装前の下地処理として、プライマーとサーフェイサーを吹きます。プライマーは履帯に、サーフェイサーは全体に吹きます。サーフェイサーだけでも良いのですが、塗装はがれの予防に軟質素材の履帯にはプライマーを吹くことにしています。この作業ではPP(ポリプロピレン)やウレタンなどの塗装が乗りにくい素材向けの下塗りスプレーを使用しています。使用する際はその商品の説明書きをよく読んでから作業を行ってください。次にサーフェイサーを吹きます。合わせ目の処理ぐあいや、パーティングラインの消し忘れがないかなどを確認しましょう。今回はクレオスのMr.オキサイドレッドサーフェイサー1000を選びました。

MENGワールドウォートゥーンズシリーズ ドイツ戦車ティーガーⅠ&キングティーガー(ポルシェ砲塔)Vol.2

では、組み立てに入ります。このシリーズの特筆すべき事柄の1つにスナップフィットが挙げられます。気持ち良いほどにピッタリと合わさり、接着剤を使わず簡単に組み立てられます。パーツ数も少なく、2両とも11工程で組み上げることができます。ティーガーⅠの足回りは全てポリキャップを使用するのに対し、キングティーガーはドライブスプロケットとアイドラーホイールにのみポリキャップを使用し、転輪は車軸パーツを差し込んで取り付けます。キットのままだと履帯はピンと張っているので、少し手を加えて履帯と転輪を接着し、たるみを表現します。キングティーガーはサイドスカートで隠れてしまいますが、同じように接着しています

MENGワールドウォートゥーンズシリーズ ドイツ戦車ティーガーⅠ&キングティーガー(ポルシェ砲塔)Vol.1

こんにちは。Rinako Komatsuです。今回はモンモデルのワールドウォートゥーンズシリーズ、ティーガーⅠとキングティーガー(ポルシェ砲塔)の制作レビューを書かせていただきます。内容はVol.1でアンボックス、Vol.2で組み立て、Vol.3で塗装の3部構成です。では、ご覧ください。   言わずと知れた第二次世界大戦のドイツ戦車、ティーガーⅠとキングティーガーが、こんなにもかわいらしい姿で模型化されました。箱絵がとにかく魅力的で、かわいいのにかっこいい。購買意欲をそそられます。キングティーガーは、この車両にしては珍しいジャーマングレイの車体がピックアップされています。

タコム1/35 T-55AM Vol.2

タコムT-55AMを作っていきます。まず始めに、中性洗剤などでランナーごと洗いましょう。この時、パーツを折ったりしないよう注意してください。この若干ヌルヌルとした離型剤を落とさないと、塗装が乗らないなどの失敗の原因となる恐れがあるからです。サスペンションは2~3パーツで構成されていて、精密感アップ。訂正書の最初の組み立て手順であり、形の似たパーツもあるので訂正書をよく見ながら進めましょう。この転輪ゴムパーツのようにモールドとモールドの間の狭いところにあるゲートを処理するときは、タガネや画像にあるような刃の小さなデザインナイフがあると便利です。

タコム1/35 T-55AM Vol.1

◆ 今回からRinakoさんにレビューを書いていただくことになりました! ご存知の方もいらっしゃるかもしれません、色々なコンテストでも活躍されている女性モデラーさんでその確かな技術ときちっとしたリアルな表現でとても魅力的な作品を作られる方です。どうぞよろしくお願いいたします!◆ はじめまして。普段AFVを主に制作しているRinako Komatsuです。初めてレビューさせていただきます。よろしくお願いします。 ロシア中戦車T-55AMは、T-55の射撃統制装置の変更、増加装甲などの近代化改修を行った車両です。車体前面と砲塔は複合装甲で、箱絵からもこの増加装甲や追加されたサイドスカートのかっこよさがよくわかりますね!