「海自レシピ お艦(かん)の味」

f:id:HueyAndDewey:20100417201225j:image:h250

見ての通りにお料理の本で模型と全然関係ねぇ!とは思いますが、いやいややっぱり模型と料理はよく似ていると考えるのですよ?なんだかんだいって手を動かしてるひとがいちばんエライとか消化しないで積みすぎたままにしてると大変なことになる。とか、まあ、色々…いやほら、そのむかしホビージャパン誌には「夜食チョーダイ!」って名物コラムがあったしパンツァーグラフ誌で一番好きなのはVol.4の戦場の料理特集で…(シドロモドロ)

「戦闘糧食の三ツ星を探せ!」以来小さく巻き起ったミリメシブームのなかにあって、我が国の自衛隊は世界でも有数にメシウマなぐnあーいや集団として知られていますが、とりわけ海上自衛隊は持ち回り式の陸自や空自とは違って「給養員」が専任され、いまさら説明の必要すらない「金曜カレー」に代表される三自衛隊の中でも最も食事が美味しいとこだと隊内外から称賛を得ています。最近では公式Webサイトに専門コンテンツさえ設けられている、そんな海上自衛隊レシピの一冊です。

個々の艦艇や地上勤務部隊自慢の一品がオールカラーで美しく紹介されています。軍隊の糧食といえば一度に大量の調理を行うのでレシピ本に分量が記されてないこともあったりするのですが、そこはそれちゃんと四人分の量にアレンジがされてます。(実際、昔読んだ旧日本海軍の復刻レシピ本に本当に分量が記されてなかったことがあって、なんの参考にも成らずに…)

潜水艦「あらしお」の「野菜カレーライス」はおろしにんにくを炒めずに煮込んで使っていたり那覇航空基地隊の「愛情たっぷりカレー」は隠し味に桃缶投入していたりで、読んでるだけで腹がわくわくしてくるものですけれど、カレー以外にも和洋アジアン、全51品が余すところ無く掲載されているッ!護衛艦「やまゆき」の「ちくわの磯香焼き」は簡単な酒のつまみにピッタリで護衛艦「せんだい」の「にらうどん」は夏バテ予防になりそうだなー

なかにはスープストックを採るのに鶏ガラその他いろいろ煮込んで1時間とか牛すじ煮込んで4時間などと結構気合いの入ったレシピもあります。流石はプロの技なのです。それを手本に忠実に再現するもよしですが、自分の都合に合わせてアレンジするのもまたモデラーライクな行為であり、その結果出来上がったブツが例え当初の想定とは相当食い違うシロモノであったとしても、自分の手塩に掛けたものなら愛着を持って接する。やはり模型と料理はよく似ているのです。

ところでこの本、帯に「これは国防機密か!?」なんて如何にもなアオリ文が書かれていますが、幾つかのレシピには(※隠し味の分量は非公開のため、記載分量はフードコーディネイターによるアレンジです)などと本当に注釈が付されていました。

…これは国防機密か!?

あわせて読みたい