アーマーモデリング・ファインモールド八九式中戦車乙型付属マガジンキット続報

f:id:HueyAndDewey:20100825093827j:image:h300:left前号のアーマーモデリングに続き、本日発売のモデルグラフィックスの記事に続報が載っておりました。10月13日売りから3ヶ月連続となるようです。(つまり2010年11月号、12月号、2011年01月号のことです)
 さて気になるお値段ですが書店取次からの情報によると予価ですが各号2,800円(税込)とのこと。ということはキット主体で考えると2,800円x3号=8,400円。以前の零戦でも議論がありましたがどうでしょう? 零戦はモデルグラフィックスでしたね。今回はアーマーモデリング。ということは雑誌の値段がまず違います。モデルグラフィックスは現在、780円。アーマーモデリングは1,380円。キットだけを単純計算すると8,400円 – 1,380円x3冊=4,260円・・・・。今のご時世を考えると悪くはないと思います。逆にプラモデルが売れなくなった時代で雑誌と連動することで商品が生まれるならヨシとすべきでしょうか。

それよりも個人的なツボにはまるネタは逆に売れていないジンクスのほうが気になる。自分はマイナーなんですね。

 そうそうコレ大事なことです。予価ですよ。予価。

 予価で値段が発売時に変更すると大変なんです。(通常の書店はいざ知らず、模型店は値段の変更にはうるさいのです)

値段を間違えていました。値段変更が大変といいながらまさかの大失態、スミマセン。2600円→2800円(税込)でした。

あわせて読みたい