タミヤ「1/35 MM ドイツ重駆逐戦車エレファント」

f:id:HueyAndDewey:20120528075806j:image

先日のホビーショーでも注目を浴びていたタミヤMM最新製品「ドイツ重駆逐戦車エレファント」を、正式発売日前に店頭サンプルとして頒布されたテストショットでレビューしてみます。

普通はこの手の先行品って「テストショット」とは言っても製品版とほぼ同様のものが配られるのが通例ですけれど、今回のエレファントは明確に製品版とは異なるもの、トライいくつになるのかは不明ですがホビーショーのタミヤブースで展示されていた物よりも前段階のショットとなりますので、その点ご注意ください。このレベルの試作打ちが表に出るのは極めて珍しいと思いますが、ホビーショー一般日に開催された工作教室での提供品も今回組んだサンプルと同じグレードだったそうで、既に手に取られた方も多いことでしょう。ある意味貴重なものなんですよこれ(笑)

ランナー枠内のアルファベットやパーツNo.を表示するタグが一部成形されてないので部品探すのがちょっと大変。そのためコピーホチキス止めの組み立て説明書に加えて部品番号一覧が入ってました。工作教室もこれを見比べながらやったのかな?

f:id:HueyAndDewey:20120528080504j:image

転輪関係Aランナーは2枚入り。

f:id:HueyAndDewey:20120528080907j:image

幅の広い起動輪を形成するために彫りの深い金型を使ってます。

f:id:HueyAndDewey:20120528081016j:image

転輪のボルト類はここまでディティールは入ってます。

f:id:HueyAndDewey:20120528081127j:image

Bランナー、フェンダーなどのパーツが含まれています。ランナー中央部分の不自然な空白はどうやらフィギュアのためのスペースのようで、このサンプルでは割愛された模様。正式発売以前にフィギュアを表に出さないのは、なにやら大人の事情がありそうです。

f:id:HueyAndDewey:20120528081541j:image

車体前面の力強いボルトと装甲板のテクスチャに注目。しかしグレー成形の部品見てるとタミヤとゆーよりどらごんの製品みたいで落ち着かない(w

f:id:HueyAndDewey:20120528081731j:image

砲関連のCランナーにも中央に妙な空白がありますけれど、こっちの方の理由は不明。

f:id:HueyAndDewey:20120528082025j:image

砲身・マズルブレーキ共に2枚貼り合わせのオーソドックスなスタイルですが、マズルブレーキ内部には別パーツで隔壁も再現。タミヤ製品にしては初の処置ではないかと思われます。

f:id:HueyAndDewey:20120528082826j:image

キャタピラ関連Eランナー、計4枚入り。

f:id:HueyAndDewey:20120528082908j:image

キャタピラ表面のパターン。

f:id:HueyAndDewey:20120528083001j:image

センターガイドは一枚おきで連結ピンもモールド済みです。この辺はイマドキのタミヤスタンダードですね。

f:id:HueyAndDewey:20120528083128j:image

エンジンデッキなどが含まれるGランナー。

f:id:HueyAndDewey:20120528083236j:image

主砲の外付け防盾は一枚板のパーツにリブを植え付けるような構成です。

f:id:HueyAndDewey:20120528083404j:image

フェンダー表面の滑り止めパターン。

なおこのサンプルではDランナー並びにFランナーが欠番となっています。あくまで想像ですが「フェルディナンド」用の専用部品が同時に設計されてるんではないかと思われ。またこのパーツリストもあくまで仮のものなので、正規商品ではアルファベット自体置き替えされている可能性もあります。

f:id:HueyAndDewey:20120528083803j:image

「コンバットルーム」パーツ。なぜに英語?というツッコミはさておき今回のエレファントの目玉なる一体成形の大型パーツ…なんですが、テストショットで金型が完成されてない状態、すべての彫刻がまだ完了していない状態の部品が封入されていました。

f:id:HueyAndDewey:20120528084232j:image

本体に対して凹モールドとなる彫刻、小パーツの受けはあるのですけれど、ピストルポートや大型リベットなど凸モールドになる分が一切合財ありません。製品版では改良されますのでその点は特にご注意。

f:id:HueyAndDewey:20120528084442j:image

ちなみにこれがホビーショー展示分のコンバットルーム(いや「戦闘室」って言おうよ。そのほうが文字数も少なくてすむよ)。側面ディティールに注目。

f:id:HueyAndDewey:20120528084617j:image

見えづらいんでコントラストを上げていますが戦闘室側面にはテクスチャに加えてツィンメリットコーティング用のガイドラインがケガキ彫りされます。上下二本に存在するのはコーティング上辺の位置に2パターンあるからで、下線部分で製作する際には上線を消す必要が生じます。

や、今回は「早組み」と「素材の紹介」がテーマなんでコーティングしませんよテヌキジャナイデスヨ

f:id:HueyAndDewey:20120528084959j:image

「車体下部」パーツも安心の一体成形。

f:id:HueyAndDewey:20120528085109j:image

こっちはちゃんとリベットあります。

f:id:HueyAndDewey:20120528085216j:image

裏面には点検ハッチ類がモールドされていますが、この箇所もホビーショー展示品はよりディティールが増しています。あとから気がついたんで比較できる素材画像はないんですけど…

f:id:HueyAndDewey:20120528085414j:image

その他の付属品。ポリキャップの数と牽引ワイヤー用の糸の長さには余裕があります。

f:id:HueyAndDewey:20120528085529j:image

デカールは第653重戦車駆逐大隊所属の3両分。説明書は一部テキストがダミーになっているので各個体の所属先や年月、場所などのデータは不詳。

f:id:HueyAndDewey:20120528085751j:image

製品版ではフルカラーの塗装見本が封入される模様で、本サンプルでは「色見本」の類が一枚付属してました。

サンプル内容についてはここまで。幾度か書いておりますが正規の製品では改善されているだろう箇所がいくつも見受けられます。参考までにもう少し開発度合いが進んだホビーショーの展示サンプルをHobbyLinkTVのYoutube動画でどうぞ。


D

エレファントの登場は3:40あたりになります。基本英語のレポートですが、例え言語が違っても考えることはみな同じなので、英語がわからなくても内容理解にさほど問題はないでしょう。

さてここからはサンプルの説明書に従って組んでみます。工程ごとに注意すべき点、ポイントなどを挙げて行きますので実製作の参考になれば幸いでアリマス∠(`・ω・´)

…もっとも正式発売日まで2か月近くあるんで、実際にリリースされるまでに変更・改善される点も多いかと思われ(´・ω・`)

・工程1;フロントパネルの取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528091526j:image

特に指示はありませんがG7→B30の順で接着していけば自然と取り付け位置・角度が決まります。

f:id:HueyAndDewey:20120528091939j:image

こちらもG27・28→G15の順番で。G27・28パーツにある視察スリットが凸モールドになってるのはモノスゴク気になる箇所ですけれど、ショーの展示品でもこの点変わってないんだよな…エレファントは全車コーティングされているんで仮にモールド彫っても埋まっちゃうからとか、そんな理屈? それもどうかと思いますけれど。

※この箇所について「エレファントは防御能力向上のため、視察スリットを溶接して塞いでいるので、キットが凸モールドになっているのはなんら問題は無い」とのご指摘をいただきました。浅学さを恥じいるとともにお詫びして訂正いたします m(_ _)m

・工程2:リヤパネルの取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528092418j:image

特筆すべき事でもないですが1.0mm径のドリルで開口指示があります。パーツの面に対して垂直にやるのがコツ(それ普通の処置)

・工程3:コンバットルームの取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528092711j:image

砲架はポリキャップで自在に可動。一見するとボールジョイントのようで実は防盾が半球形をしているだけな一部ドイツ軍車両の特徴そのままですが、この部分かなりの曲者です。

f:id:HueyAndDewey:20120528093214j:image

もともとタミヤのポリキャップ使用軸はバンダイのガンプラなどに比べて緩い仕上がりになるのですが、それにしても今回のエレファントでは全くテンションが掛らず砲架だけでも「おじぎ」状態になってしまいます。これを避けるにはC17・18の軸をテーピングやボンド処置で太らせる必要がありますが、いかんせん主砲が長い(そして重くなる)のでそれにも限界がありそうなんですね。先ほどのホビーショー動画でも未塗装組み立てのサンプルは主砲が垂れてしまっている様子がお判りかと。塗装済み完成仕上げの方は接着しちゃってるように見えるのでうううむ。

f:id:HueyAndDewey:20120528093245j:image

戦闘室後部の小ハッチは開閉選択式。ハッチ裏のモールドはちょっとしたチャームポイントですよ?

・工程4:アッパーヒルの取り付け

たぶんアッパー「ハル」の誤植(w;

f:id:HueyAndDewey:20120528093455j:image

機関部パネルはともかく戦闘室の組みつけが上手く決まりません…

f:id:HueyAndDewey:20120528093545j:image

というのも本来勘合すべき「爪」が戦闘室の側からは伸びてないんですな。ここんところはちゃんと改善されますのでご心配なく。

・工程5:フェンダーの取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528100530j:image

この工程で最も注意すべき点はフェンダーではなく雨樋のパーツG2です。繊細なつくりでウッカリすると折れそう…てゆーかひとつ折りましたOTL 幸いうまくリカバリー出来たと思うけれど、さてどっちが折れた方だかバレますかね??

f:id:HueyAndDewey:20120528100759j:image

本来ここでは片側4枚のパーツから成るフェンダーと座金を取りつけるんですが、後々部分連結式キャタピラ組むことを考えて最前部は組み付けずにおきます。なんともチキンな様相ですけどチキンの方がヘルシーで良いのだ。安いし。

・工程6:フェンダーの取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528101119j:image

工程名はフェンダーの取り付けですが、ここのパートで組むのは車体後部の雑具箱と排熱口・送風板などです。工程通りに組むと車体後部はこのような状態になり、この段階では排熱口は取り付けないまま。

説明書ではこの工程まで進めてコーティング作業を行うように指示が出ていますが、そこはちょっと疑問があります。

排熱口と雑具箱は取り付けられてしかるべきですし、逆に接着指示がされてる送風板やジャッキ取り付け金具は却って邪魔になります。実際に自分がコーティングをするならば工程5でのフェンダーの取り付けも行わず、むしろ工程6で組む排熱口を先に車体に取り付けてその状態でパテ塗りするでしょう。

また、おそらく製品ではタミヤ純正のコーティングブレードが推奨されると思われますが(ホビーショーの完成品はブレードでやってました)、戦闘室や車体側面の大きなディティールを考慮すればブレード式よりローラー方式の方がより自然な形でコーティングし易いでしょう。治具に関してAFVクラブの金属製ローラーは絶版ですが、モデルカステンのプラ製は在庫してます。たぶんコーティングに関してはAM誌で詳しくやるんじゃないかな…と、他力本願(苦笑)

・工程7:ホイールの組み立て

f:id:HueyAndDewey:20120528102547j:image

さて組み立てに戻りまして、転輪関係は片側でひと組ご覧の通りになります。最後部のみサスペンションが戦後逆になるのに注意。またアイドラーがホイール(輪)ではなくスプロケット(歯車)なのが珍しい所でエレファント/フェルディナント(すなわちP虎車体)以外では61式戦車に例がありますって自衛隊じゃなくて地球連邦軍の方の「61式戦車」ね。なんでまたイグルー版では前後スプロケットにしたんだか不明なのであるが。

・工程8:サスペンションの取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528103113j:image

何度聞いても作動原理がよくわからない縦置きトーションバーサスは可動します。おお、なんだか昆虫のようだな。部分連結で接着式のキャタピラではサスペンションが可動してもあまり意味がない…のは確かですが、ここは分割可動式履帯を別途購入したりディオラマ製作を図るヘビーユーザー向けのサービスと受け取った方がよいでしょう。

工程9:ホイールの取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528103655j:image

肉抜き穴が顕著なサスアームですが転輪組み込めば全然見えないのでひと安心です。クラッシュシーン作りたい!って人には…タイヘンかも……でもね、どんどんAFV模型が高価格化していくのが現状ですから、高価なキットをわざわざ派手にクラッシュさせる人もそうそう多くは無いだろうと思いますのよ。雑誌作例には派手さを要求されるとしても。

f:id:HueyAndDewey:20120528104116j:image

うっかりするとつけ忘れる(実際忘れた・笑) 前後スプロケット部分のスクレイパー。ドイツ軍にはあまり見られない…というよりソ連軍の車両のギミックをトレースしたもので、ポルシェ博士のソ連軍に対する傾注ぶりが明らかな箇所のひとつです。いわゆるキングタイガーのポルシェ砲塔なんてT-34の砲塔をスケールアップしたまんまのカタチだしな。

工程10:連結式履帯

工程11:連結式履帯の取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528104504j:image

ここは淡々と作業するよりほかにありませんな。

f:id:HueyAndDewey:20120528104555j:image

前部フェンダーを取りつけないまま進めてうまく履帯の調整が出来たのは計算通り…でしたけど、いっそ前部どころか全部のフェンダー付けずにいた方がもっと楽であったろうな。説明書では「フェンダーの間に滑り込ませるようにして取り付けます」なんて書かれてますけど、特にフロント部分はフェンダーあったらキツいっすよこの工程は…

・工程12:車体前部部品の取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528105010j:image

うん、このスキマにキャタピラ通すのイヤだよ俺わ(;´Д`) ほんでフェンダー側面に付くスプリングのパーツA9はフェンダー部分G21・22を車体に取り付ける前にやっちゃったほうが簡単ですのん。

・工程13:車体後部部品の取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528105436j:image

説明書では排熱口の取り付けはこの段階になりますが、前倒しした方が良さそうなのは前述の通り。重戦車用大型ジャッキが取り外し可能!なのはヤクトティーガーで導入済みのギミックですかそうですか。

・工程14:砲の取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528105714j:image

の前に取り付けると見えなくなっちゃうハッチ裏のディティール。ドライバーズハッチは3個のペリスコープが一体成形されています。主砲外付け防盾の裏には分割線有りです。本来はこっちが表側でエレファントは裏表を逆に装着していますって裏返した方が防御能力が高い防盾って一体。(整備性の問題もあるかとは思いますが)

f:id:HueyAndDewey:20120528110126j:image

マズルブレーキ内部再現は本キットいちばんのポイントじゃないかと思う。

f:id:HueyAndDewey:20120528110226j:image

そして懸念していた通り主砲は垂れ下がっちゃいます。擱座している状況ならこれでいいのかもしれませんが、どんどんAFV模型が高価格化していくのが現状ですから、高価なキットをわざわざ擱座している状況で組む人がそうそう多くは無いだろうと(テンプレ)

「なんかぺたん娘っぽいでショ!」と主張して萌え層にアピールするのは例のガルパンの先行きが不透明なので危険極まりない…。

・工程15:ガントラベルロックの組み立て

f:id:HueyAndDewey:20120528111203j:image

幸いトラベリングロックが選択式なので砲身固定位置で組みます。イラストではB3パーツの取り付け位置が若干解り辛い構図になっていたので右側面から。B4の基部右側に接着して固定状態ではレバーが後方に倒れるかたちになります。

・工程16:人形の取り付け

f:id:HueyAndDewey:20120528111545j:image

本来ここでフィギュアを配置して目出度く完成なんですが、ワイヤーロープの取り付けという地味すぎる作業で終了(w

f:id:HueyAndDewey:20120528111709j:image

説明書の指示線通り190mmで紐を切ったんですが、ちょっとギリギリ過ぎでもう少し余裕持たせた方がいいみたい。あんまり余裕があり過ぎても却って重量感が損なわれるのでその辺程々で。

f:id:HueyAndDewey:20120528112015j:image

有名な車両ですし良い資料も(新しい資料も)多く出ているので実車に関してここでクドクド述べる必要はないでしょう。フェルディナントとしてロールアウトされた90両のうちエレファントとして改修されたのは約半数の48両と個体数も少なく、その分各車の考証も進んでいる戦車なのでじっくり腰を据えて掛るのが良いかと思われます。賛否両論の無コーティング車体にしても、時間をかけて作ること、製作中の時間そのものを楽しむためにはこれでよいのだろうと

…土日でそそくさと組んだヤツの台詞じゃありませんな

f:id:HueyAndDewey:20120528112655j:image

繰り返しになりますが今回組んだサンプルと実際の製品とでは細かい部分で随分違いがあると思われます。説明書のイラストではベンチレーターカバーC6にちゃんとリベット打ってありますがサンプルではご覧の通り。こんな細かな箇所でもあるとないとじゃ相当印象が変わってくるものでね。

コマンダーズハッチが一枚板で砲隊鏡も含まれないのは製品版でも変わらずでしょうから、戦闘中を再現したい方は三号突撃砲G型の該当パーツが使える…かも…知れません。いや試してないんで本当のところはわかりませんけど(えー

しかし考えてみれば照準器のスライド機構がオミットされているので、最初から主砲は固定状態とするのを推奨すべきかしら?

f:id:HueyAndDewey:20120528113347j:image

捕捉すべき事柄としては双眼鏡が非常に良い出来となっています。ちょっと最近のタミヤ製品の装備品事情に付いては細かいことを知らんのですが、スライド金型使用で対物レンズ部分開口されてる双眼鏡パーツは自分としては初見。最後にタミヤの双眼鏡見たのはM13/40の時でして、あれも良く出来てましたがここまでの物ではなかったなー。

f:id:HueyAndDewey:20120528113711j:image

そいえば第653重戦車駆逐大隊第1中隊はイタリアに派遣されてたんだよなーと思い立ってM13/40と並べてみます。そりゃイタリア軍が戦争やめたくなる訳ですな(時系列はこの際無視である)。ここんところヨンパチや軽戦車ばかり組んでいたので久々のタミヤ大物キットを組むのは実に心躍る体験でした。誰にでも組めてまず失敗しない安心感が先に立つので作業中もストレスなしで時間が経ちます。これは実に大切なことで、故にコーティングを望む声も高まるのでしょうが…

そうね、例えばこのエレファントが将来ヨンパチにスケールダウンするようなことになれば、その時こそコーティング加工済み車体が求められるような気がします。1/35スケールと1/48スケールの違い、存在の在り方や方向性をどう違えていくのか、単なる省略ではない何かを見たいような気持ちです。

f:id:HueyAndDewey:20120528114013j:image

実際組んでみて良くわかったのは、クルスクのフェルディナントがボコスカ撃破された理由が機銃の有無なんぞではなく車体がデカ過ぎて目立ちまくり、あらゆる方向から火力を浴びせられたからという最近の著作物の記述についてです。「突撃砲の全高は歩兵の身長を越えないものとする」と言ってたのはマンシュタインの頃の話か。そうそう額面通りに上手くは進まないのが戦争の実情であります。

あわせて読みたい