バンダイ「1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊セット #2」

f:id:HueyAndDewey:20130405130440j:image

いよいよ今週末に地上波TV放送開始を控えた「宇宙戦艦ヤマト2199」シリーズより、国連宇宙海軍 極東方面空間戦闘群 連合宇宙艦隊 第一艦隊所属の宇宙巡洋艦/突撃宇宙駆逐艦の2種4隻セットです。

キット自体は先に出た「連合宇宙艦隊セット #1」から村雨型巡洋艦・磯風型駆逐艦のパーツを独立し劇中と同様2種類のカラーバリエーションで成形したものです。ところで本製品の英語名称は「COMBINED COSMO FREET」なんだけど、イニシャルはGFにしといた方が「連合艦隊」っぽいんだけどなーとふと。

f:id:HueyAndDewey:20130405131001j:image

オマケとしてメカコレコスモゼロが付属。パッケージ画は主翼前縁のラインをホワイトで塗った「2199」版山本玲搭乗のα2をイメージしたものとなっています。

キット組み立ての注意点としては全く同じランナー、パーツNoの部品が複数含まれることでしょうか。2種類のカラースキームをうっかり混在させないように気をつけましょう。

f:id:HueyAndDewey:20130405131015j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405131615j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405131636j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405131655j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405131715j:image

こちらはグレー/レッドで塗り分けられる巡洋艦イブキ/駆逐艦イソカゼのパーツ群です(艦名は選択可能ですが、ここでは取説の記載に従います)。1枠の多色成形では無くスイッチングを駆使した単色成形品ランナーの集合で構成される、ここ最近のバンダイプラモデル設計の粋を集めたような金型なんでしょうねえこれ。

f:id:HueyAndDewey:20130405131854j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405131949j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405132014j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405132035j:image

f:id:HueyAndDewey:20130405132056j:image

同じくレッド/ホワイトのカラースキーム、巡洋艦ヤクモと駆逐艦アヤセ。実を言えば各ランナーはそれぞれの艦艇ごとにビニール袋で小分けされているので、組み立て前に全部のランナー出してみまショーてなことを考えなければ特に困ることもないです(w

f:id:HueyAndDewey:20130405132432j:image

台座用のシールは2種類、デカールは各型合計14隻分の艦名、船体番号に加えて「ヤマト 2199」

用の物が含まれています。別キットのディティールアップ用デカールって初めて見た気がしますが、ユーザーがコレクションしてるのを前提かな?艦船模型ってのは艦隊揃えてナンボってところもありますからね。

f:id:HueyAndDewey:20130405133843j:image

こちらはオマケのコスモゼロ。メカコレ版と違って薄いブルーの成形品です。メカコレって一枚のランナーを(たぶん人の手で)分割してパッケージングしてたんですねえ。ちなみにひし形チューブ入りの「セメダイン」は付属しません(遠い目)

f:id:HueyAndDewey:20130405134225j:image

ディティールに関してはスタンダードなガンプラよりも、もう少し細やかな印象です。艦形自体が小さな物なので必然的に艤装品も小さく、うっかり16万8千光年の彼方にすっ飛ばさないように要注意だ!その小パーツを中心にしてバンダイプラモには珍しくプラセメントの使用が前提となります。通常版と流し込みタイプと、両方用意した方が何かと便利なものですよ。

そしてランナーのスイッチタグを見るとaからdまでの4つの注型パターンがある模様。作中に登場するカラバリは3つなので何かもう一つ隠し球があるのか、それとも3カラーで成形するには4つの注型パターンが必要となるのか、多分後者じゃないかな…それじゃ面白くないんだけどな……

f:id:HueyAndDewey:20130405134906j:image

取説の指示に従いイブキから組んで行きます。長年に渡って(それこそ初代ヤマトの昔から)宇宙戦艦プラモと言えば左右貼り合わせのモナカ構造だったのとは一線を画す、立体パズルのような組み立て過程となります。デザインや形状よりも、組み立て工程そのものが面白いプラモデルだと感じました。

f:id:HueyAndDewey:20130405135108j:image

実際の船舶建造に於ける「ブロック工法」を、まーほんとは違うんですけど、なんだかそんなようなことをしている気分になるわけですよ。

f:id:HueyAndDewey:20130405135434j:image

「2199」版の国連軍メカニクスは旧作のデザインを基に玉盛順一朗氏の手による現代的なアレンジメントや実感を持たせるリファイン作業が施されているのですが、この村雨型巡洋艦に関しては出渕裕監督のラフデザインをクリンナップしたものとなっています。

f:id:HueyAndDewey:20130405135805j:image

キリシマやユキカゼと比べてブリッジ形状などが垢抜けて見えるのは、「沖田艦」「古代艦」などの古い出自を持たない為かも知れません。

f:id:HueyAndDewey:20130405135942j:image

船体底面にも連装砲塔を一基装備、しまったこの画像はなんだか「死んだ魚」みたいだ……

f:id:HueyAndDewey:20130405140051j:image

村雨型用のスタンド。ヤマト2199のようなバンダイ製アクションベースを使用した展示は出来ない模様。(不可能ではないかもしれませんが)

f:id:HueyAndDewey:20130405140258j:image

順番ですとイソカゼなのですが、見栄えを考慮してカラーの異なるアヤセを組みます。特徴的な艦首部分も細かいパーツ分割です。

f:id:HueyAndDewey:20130405140418j:image

何故か朝食に並ぶような「メザシ」を連想(笑)

f:id:HueyAndDewey:20130405140508j:image

小さいと言われたファインモールド製「ミサイル護衛艦」よりもさらに小さい船体ですが、砲塔上面のラッタルまでモールドされているのは流石です。全体的なライン取りはメカコレ「古代艦」の方が綺麗だ、という意見は確かにその通りであってサイズと分割、スナップフィット成形をすべて並立させる限界ギリギリみたいな観がありますね。

f:id:HueyAndDewey:20130405140938j:image

艦底に2基並んでいる増槽はどうやら限界越えてるようで、スナップフィットのダボを切り詰め接着ガイドに転用した方が組み易くなります。増槽と本体の組みつけはもとより接着指定ですし、むしろこの方が自然だと思われ。

f:id:HueyAndDewey:20130405141451j:image

磯風型用スタンドは村雨型より支柱が長いものとなります。

f:id:HueyAndDewey:20130405141547j:image

村雨型宇宙巡洋艦2隻、本製品では船体番号と艦名デカールを使用してイブキ、ナチ、ツルギ、ムラクモ(グレー/レッドの塗装パターン)、ヤクモ/クラマ(レッド/ホワイトの塗装パターン)の6隻を選択することが出来ます。尚艦名デカールはパネルラインを跨ぐ形となりますので、スミ入れ処理まで済ませた後に貼りつけた方がよろしかろうと。

f:id:HueyAndDewey:20130405141904j:image

20サンチ連装高圧増幅光線砲6門、艦首には魚雷発射管×4と20サンチ陽電子衝撃砲を備えた地球艦隊の中核を成す艦艇です。「ヤマト2199」第一話冒頭で描かれるメ号作戦には9隻の村雨型巡洋艦が参加しました。

※ネームシップの宇宙巡洋艦ムラサメは本編開始時点で既に戦没、その詳細は第11話で語られます。そしてムラサメの船体番号と艦長島大吾一佐のデザインはどう見てもアレなんでいろいろニヤニヤするとこですw

f:id:HueyAndDewey:20130405142543j:image

磯風型突撃駆逐艦。イソカゼ、カゲロウ、タチカゼ、フユツキ、ミナツキ(グレー/レッド)、シラヌイ、ハツシマ、アヤセ(レッド/ホワイト)を製作出来ます。メ号作戦にはイソカゼ以下12隻の村雨型が参加し「アヤナミ」「シキナミ」「フユツキ」までいるのにマキナミがいないのはどういう訳なんだぜ?

f:id:HueyAndDewey:20130405142825j:image

「コルベット」とも称される小型艦艇ですが、12.7サンチ三連装主砲塔2基よりも艦首の12.7サンチ対艦砲2門と3つの魚雷発射管を用いて肉迫攻撃を行う、いわば水雷艇的な運用がなされる艦です。先遣艦として本隊に先行していたユキカゼのみは新型の試製空間魚雷を装備、ガミラス軍のクリピテラ級駆逐艦を撃沈する殊勲を上げました。「主人公補正」はよく聞きますが、「主人公の兄補正」は珍しいかな?

f:id:HueyAndDewey:20130405143541j:image

同スケールの100式空間偵察機2機も付属。色違いなところは気が効いてますな。コスモゼロが「零式」なのに空偵が「100式」なのはこの機体が陸軍主導で開発されたからなのかどうかはワカリマセン!!

f:id:HueyAndDewey:20130405143749j:image

磯風型のほうがスタンド支柱が高く設定されているのはこのように喫水線(え)を揃えるためなのですな。国連軍艦船のカラースキームバリエーションについては特に明確な設定記述を見た記憶がありませんが、「第一艦隊」の名称とは裏腹に残存艦艇を急遽統合して編制されたような、メ号作戦の実情を示すよい演出と思われます。

f:id:HueyAndDewey:20130405144135j:image

台座は意欲的な設計が成されていて、アクションベースを用いずともこのように様々な表情を持たせることが可能です。

f:id:HueyAndDewey:20130405144253j:image

敢えて密集させて望遠で撮影したら本編映像のような雰囲気が出ますかしら無理ですかしら。

宇宙戦艦ヤマトがリメイクされると聞いた時、当初はあまり興味が湧きませんでした。正直近年のヤマトシリーズには裁判騒動をはじめとしてあまり良い印象が無かったためです。唯一の例外として、とある個人様の同人サイトに掲載されていたイラストレーションとその世界観には惹きつけられるものがあったのですが、いつのまにか更新も途絶えてしまったのかな、あそこは。

まあそんな状況だったものでそれほど関心も無く特に情報も仕入れず済ませてきたのですが、バンダイビジュアルのサイトで劇場公開版第一章の冒頭10分、冥王星軌道でのガミラス艦隊と国連艦隊の戦闘シーンが配信されたのを見たらもう身も心もクギ付け(笑)自分の見たかったヤマトってまさしくこれだ!!と喝采を上げたものです。その後順当に劇場公開は続き、いよいよ4月7日からはMBS・TBS系列で放送開始。より多くの方々、特に昔のしがらみなんか一切関係ない視聴者層にもぜひご覧になって戴きたいものであります。第一話「イスカンダルの使者」冒頭での、巡洋艦イブキ・ヤクモ以下第一艦隊の死闘を目に焼き付けるべし!

……まあぶっちゃけみんな(検閲削除)ですけど。

よくもまあ2199は自分のツボにはまるヤマトだなぁと思ったらスタッフリストを熟読して納得。メカデザインをメインで手掛ける玉盛順一朗氏こそ、件の個人サイトを開設されていた方だったのです……

f:id:HueyAndDewey:20130405145922j:image

オマケのコスモゼロです。むかしのプラモデルではありますが、模型雑誌各誌で流行りの体をなしている、2199版コスモゼロのキットに様々な技法でのシルバー仕上げの、その為の習作に使うのもよいでしょう。また「宇宙ゼロ戦」ってことを考えれば濃緑色とか明灰白色で塗っても乙なものかと。

f:id:HueyAndDewey:20130405150214j:image

今回のパッケージ画像はα2カラーだったけど、機体表面には01のモールドが存在します。メカコレ後期の製品なのでそれなりに洗練された出来ではありますね。

f:id:HueyAndDewey:20130405150505j:image

パッケージ内容全てをならべるとコスモゼロが浮いてしまうのは仕方ないよな……

あわせて読みたい