バンダイ「1/144 HGBC 004 メテオホッパー」

f:id:HueyAndDewey:20131217144725j:image

ビルドカスタムシリーズNo.4、「ガンダムビルドファイターズ」に登場するウイングガンダムフェニーチェ用の強化パーツです。WGフェニーチェとそれを操るリカルド・フェリーニは放送初期から活躍していましたが、メテオホッパーは先日放送された第11話までようやく画面に現れましたな。

あんまり活躍しなかったけどな(´・ω・`)

あの回はメイジン・カワグチの「素顔」とかザクタンクで世界大会に出てきたジンネマン船長とかツッコミどころが多過ぎて「モビルスーツが乗るバイク」だけでは埋没しちゃったような印象……。ツッコミどころが多過ぎるのは毎度のことですけれど(w

f:id:HueyAndDewey:20131217144726j:image

では例によってパーツを見ていきましょう。ビルドカスタムのシリーズでもブースターやウエポンセットよりは(比較的)高価格な製品でボリュームのある内容です。

f:id:HueyAndDewey:20131217144727j:image

f:id:HueyAndDewey:20131217144728j:image

成形色には三色が使用されています。考えてみれば一連のブースターとは違ってモビルスーツ本体には付属しない、ちょっと性格の異なるアイテムなんだよな。

f:id:HueyAndDewey:20131217144729j:image

f:id:HueyAndDewey:20131217144730j:image

激しく自己主張するタイヤパーツ(笑)モビルスーツとバイクの関連といえば古くはメガライダーやVガンダムのバイク戦艦とかいろいろありますもので、ビルドファイターズのPVにもアインラッド出てきてましたなー。

「一輪車だから『バイク』じゃないだろう」というのは実際その通りではあるのだが。

f:id:HueyAndDewey:20131217144732j:image

そのタイヤですが、ホイール部分やアームと一体成型されているので残念ながら回転ギミックはありません。アクションよりは展示ベースとしての役割から、安定性を重視した設計とあとコストの問題もたぶんゴニョゴニョ。

むしろこー、何か巨大な鈍器的なものを、これで作れないかなあと思ったりする。

f:id:HueyAndDewey:20131217144733j:image

あるいは工事現場のいわゆる「ネコ車」をビルド化したなにかであるとか、ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ!

f:id:HueyAndDewey:20131217144734j:image

両サイドの張り出しはMSの足を乗せるステップになります。シートは無くスネ部分を直接この上に乗せるので、ライディングスタイルとしては「フライング乗り」をしているわけですね。

※「フライング乗り」をご存知ない方はむかしカミナリ族をやっていたおじいさんに聞いてみるか、もしくは「王立宇宙軍」を見てください。

f:id:HueyAndDewey:20131217144735j:image

サイドバインダーにはウイング展開ギミックが有り。裏面の円筒状のパーツは映像を見る限りではバスターライフルカスタムのエネルギーカートリッジのようで、ウイングガンダムの文法に則ったものです。このバインダーの形状はどこかで見たような気もするけれど、気のせいかしらん。

f:id:HueyAndDewey:20131217144736j:image

フロントカウルは一目瞭然、ウイングガンダムのシールドを模したものです。WGフェニーチェに合わせたスタイリングを構成するとともに「ウイングガンダムのプラモデルパーツを改造して作った」設定を示すアイコン的な役割を果たすもの。

f:id:HueyAndDewey:20131217152643j:image

サイドバインダーを支持するアームはボールジョイントと軸接続のパーツをジョイント可能なもので、いろいろな改造に用いることが出来るでしょう。これに限らず[ガンダムビルドファイターズ」関連ではジョイントや連結アームのパーツに脚光が当たってるように思われます。12月のHGキャンペーンも各地で大盛況なようで、メーカーサイドにもガンプラ拡張パーツの有り方に新しい視点をもっと入れてもいいんじゃないだろうか。

f:id:HueyAndDewey:20131217152644j:image

そんなんでまあ完成です。バスターライフルは付属しないんで単体だとボリューム感に欠ける印象も、やや。本編では雑魚MSを瞬殺した直後ガウ攻撃空母にぶっ飛ばされてオワリだったけど、果たしてこのあと活躍してくれるんでしょうか? ザクアメイジングやビルドガンダムMK-IIの扱いを見ているとその点ちょいと不安である。

f:id:HueyAndDewey:20131217152645j:image

ビルドファイターズの11話に関しては世界各国代表が集うオリンピックスタイルのマンガやアニメで「いちばんかっこ悪いドイツ代表選手」が出てきたことがある意味画期的だった用に思われます。日本のフィクション作品でドイツといえば大抵は格好いい方の扱いですが、往々にしてナチだったりもするわけで、いやゲルマン忍者なんてーのもいましたけどね。

しかし「ドイツ代表」からナチス要素を脱却すると代替となるキャラクター性に困るのもまた確かである。ガンダムシュピーゲルですら頭部はドイツ軍風でしたからねー。

f:id:HueyAndDewey:20131217152646j:image

C1ランナーのNo.6パーツはバスターライフルのマウント用で単体では余剰となります。いちおうストッパーの役目も果たしているC2ランナーNo.15パーツはこれ単体でもジョイントとなる機構が備わっていまして……

f:id:HueyAndDewey:20131217152647j:image

バインダーを取り付けたり出来ます。フロントカウルの裏面にもいかにもポリキャップの軸受けみたいなディティールが存在していて、その応用を考えるのは楽しい作業。本編の活躍だけでなく、むしろ本編の外側で遊ぶための製品なのかも知れませんね。

f:id:HueyAndDewey:20131217152648j:image

スタンドを畳んでバインダーを展開すればモビルアーマー形態に変形らしいので、この先宇宙ステージに登場する可能性もゼロではないのか。しかしフェリーニのキャラの立ち位置が、よくワカランのであります。

ウイングガンダムつながりでサイドバインダーにゼロカスタムの翼を持って来れないかなーなんて画像を見ながら今気が付いた。この画像はバインダーのウイング展開させるの忘れてるOTL

ともあれモビルスーツを乗せてみないと話にならんので乗せて見ます。1/144ならなんでもかんでも乗れるというわけじゃなくて(どう考えてもジオは無理でしょう)取説にはいくつか推奨キットが挙げられています。その中からホビーショーやガンダムエキスポの展示ブースに飾られていたあの機体を乗せてみた。おお、確かに乗りますな。

f:id:HueyAndDewey:20131217152649j:image

ハンブラビ乗せるとメテオヒャッハー!って感じだけどな。股間に接続ジョイントをつなげられるので外観のイメージよりは安定したライディング。ことハンブラビの場合は股関節軸の材質がもろいんでそちらを心配する必要はあるかもですが。

f:id:HueyAndDewey:20131217152650j:image

契約の都合上AGEの機体はビルドファイターズ本編には登場できないのですが、プラモデルにはそんな制約はありません。ダークハウンドとか宇宙海賊のMSが似合いそうな気がする。やはりヒャッハー的な意味で。

f:id:HueyAndDewey:20131217152651j:image

「“ドダイYS”のようにメテオホッパーの上に立って乗ることもある」そうですが、その場合は靴のサイズ、全体のバランスに制約が有りそうです。細めの機体のほうがいろいろと無難ではあるか。

f:id:HueyAndDewey:20131217152652j:image

ガンプラに限らず1/12サイズのアクションフィギュアなんかも乗せられます。けどね、特に女性キャラのフィギュアを乗せる時には本来MSとの接続ジョイントとなるC1のNo.1パーツは外しておいた方がいい。あったところで意味は無いしそこに意味を見つけ出そうとすると対象年齢8才以上の規定に引っかかるからだ。

ガンプラはどんな自由な発想で作ってもいいんだ!

※なるべく健全な方向性を守りましょう。

あわせて読みたい