モデルアート「GSR 初音ミク BMW SUPER GT モデリングガイド 」

f:id:HueyAndDewey:20121108131529j:image

モデルアートらしからぬ萌え絵の表紙に驚かされる、グッドスマイルレーシングの初音ミクスーパーGTカーに関する一冊です。

てゆーかミクさんマジ天使!ずっとは男臭いフィギュアのレビューが続いたので天使感も倍増し!!すまんワザとやった。

f:id:HueyAndDewey:20121108131857j:image

f:id:HueyAndDewey:20121108132001j:image

そんなノリやイキオイはさておいて、本書内容は表紙のイメージだけでは計れない硬派な物となっています。2011年にGT300クラス総合優勝を果たし本年も好成績を収めたグッドスマイルレーシングの戦績とチーム所属のBMW、カーナンバー#0と#4の二台のマシンの細部に迫った資料本。

f:id:HueyAndDewey:20121108133045j:image

リザルトに関しては2011年の全8戦+1、本年2012年のレースに関してはシリーズ前半第4戦までを収録。4人のドライバーへのインタビューやスポンサーリスト(個人情報を特定されない名義に限る)の掲載など、レースを動かしチームを支える人々の参加意識もくすぐられるものかな?この初音ミク車やエヴァ紫電、イカ娘フェラーリなど最近のGT300出場車両はずいぶん様変わりしましたが、おかげでファンとチームの距離感もずいぶん縮まったような気がします。同じ個人スポンサー枠でも1991年のF1日本グランプリで資金難にあえいでいたコローニチームが「耳無し法一」と揶揄された頃に比べたら雲泥の差だよ!誰も覚えてないよそんなの!!

f:id:HueyAndDewey:20121108134058j:image

f:id:HueyAndDewey:20121108134121j:image

コクピット周辺やエンジンルームのクローズアップフォトは決して見た目の華やかさだけを追った訳ではない、老舗の模型雑誌ならではのレースカー資料本として確かな編集内容を魅せるものです。

f:id:HueyAndDewey:20121108134146j:image

カッティングシート使用による実車のデコレート過程はさすがに模型向きではないですが、読んでて楽しい内容なのは確かです。わりと現物合わせなのですね~。

f:id:HueyAndDewey:20121108134604j:image

第2戦、富士スピードウェイでの予選さなかにクラッシュした#4は急遽無地のカーボンむき出しボンネットに交換され、そこに描かれた多くの個人スポンサーからの寄せ書きには何かこう、全くの部外者であっても熱く込み上げる何かがあり。今までこんなふうに愛されたレースマシンがあったでしょうか?「初音ミク」自体がユーザー生成メディア(CGM)を体現するようなキャラクターでもあり、実に状況とキャラ性がマッチしています。いや近藤真彦じゃなくて。

f:id:HueyAndDewey:20121108135225j:image

f:id:HueyAndDewey:20121108135300j:image

そしてもちろん模型の本ですから作例記事も載ってます。フジミのキットをベースに2011年第3戦の#4と2012年開幕戦の#0、どちらも実車に即したディティールアップと美しく発色させるためのデカール貼付がポイントで、読者方々が製作される際の参考となるでしょう。

f:id:HueyAndDewey:20121108135700j:image

実車カラーリングイメージの展開図はBMW以外の市販車両キット(もしくは実際の乗用車)でGSRカラーを再現する際に大変役立つと思われます。巻末にはスポンサー特典分も含めての製品リストが掲載されていますのでこちらも参考となるでしょう。モデルアートの本でグッスマのフィギュアが載ってるのも珍しいことです(笑)

そしてもちろん初音ミクさんの本ですから

f:id:HueyAndDewey:20121108140037j:image

f:id:HueyAndDewey:20121108140104j:image

初音ミクさんも載ってますよ(;゚∀゚)=3=3=3

村上ゆいち氏によるちょっと大人びた2011年仕様のミクさんとGAN氏による幼いイメージの2012年仕様ミクさんがそれぞれ見開きページ+織り込みポスターでばばんと大盤振る舞いです!

f:id:HueyAndDewey:20121108140757j:image

レースクイーンのみなさんのページも当然あります、抜くの抜かれるの言ってるのは全部レースの話ですよ?

f:id:HueyAndDewey:20121108141007j:image

そして#4のドライバー、佐々木雅弘さんの背後に迫るミクダヨーさんでフィニッシュ!!!

あーごめんウソ、訓練された人々には須らくお判りのようにこりゃただねんどろいど初音ミクの大判な図柄が背後にあるだけなんですけど、絶対コレ編集サイドで狙ってるだろーって驚かされた1枚だったもので(w;

モデルアート別冊でここまでひとをみっくみくにするような本が出る、それだけでも十分驚くことではあるのですが。

あわせて読みたい