第51回静岡ホビーショー(その3)

f:id:HueyAndDewey:20120518175556j:image:w500

さて続きです。だいたいどちら様も情報出揃って来ている頃合い、落ち穂拾いのようなものでして…

ところで今年のポスターには例年見られるガンダム「らしきもの」が描かれてないのは誰かが何かを強いられたり強いられなかったりしたんだろうか。

f:id:HueyAndDewey:20120518175959j:image

f:id:HueyAndDewey:20120518180218j:image

MGマラサイは久しぶりにストライクなMSで、「ラウンドフォーミングアクションベースジョイント」を用いたバリュート使用時のポーズは確かに劇中でも印象的です。でもこれって死亡フラグなんじゃあ…

f:id:HueyAndDewey:20120518180609j:image

f:id:HueyAndDewey:20120518180651j:image

固定指・可動指とも新機軸の投入で自然な曲線でのグリップや可動を達成しています。このパーツ結構応用効きそうで、例えばギラドーガなんかどうだろうと思ったらそんなキット出てない罠。ザクのVer.2やケンプファーには有効に使えそうです。

f:id:HueyAndDewey:20120518183802j:image

リゼル・ディフェンサーユニットb型は結局「リゼルC型」という名前に落ち着きました。ガンダムUC次回第5巻で活躍する…のはいいんだけれど、やっぱりこのタイミングでバイアラン・カスタムが並んでないのはいささか疑問に感じます。ビデオリリース期間は延長されたんで先々どうなるかはまた別ですけど。

f:id:HueyAndDewey:20120518181227j:image

RGジャスティスガンダムはファトゥム-00リフターが密度の高い造型です。スライド機構やステップ部分の新規デザインでドダイ的SFSとして十分活用出来そうだけど、そんなディスプレイは無かった。何故だ。

f:id:HueyAndDewey:20120518181634j:image

雑誌掲載の試作モデルではどこにスタンド挿すんだか不明だったベースジャバーは機体中央部分にジョイントできます。製品となるユニコーン版以外にジオン仕様やZガンダム版も参考出品されてたけれど、仮にリリースされてもプレバンじゃないかなー。

f:id:HueyAndDewey:20120518181944j:image

f:id:HueyAndDewey:20120518182021j:image

参考出品では「ヤマト2199」地球・ガミラス両軍艦艇から。新生ヤマトと同スケールで展開した方が艦隊編成らしくて良いのですが、そうすると「ゆきかぜ」ちっさすぎる…第一話冒頭のハイディティールな船体を再現しようと思ったら大型モデルが望ましいのですが。あとガイデロール級航宙戦艦(いわゆる「シュルツ艦」ですな)でけえ!ヤマトに全然ひけを取らないどころか勝てそうなイキオイでどうなるんだ第二章!? と、なんかうま~く乗せられてる気がしますが(笑)製品も映像も、この先期待しています。

f:id:HueyAndDewey:20120518182835j:image

こちらも最近期待している「アクセルワールド」から黒雪姫先輩のデュエルアバター「ブラック・ロータス」。先行して発表されていた試作品では両腕のブレード長さが明らかに貧弱に見えて不安だったんですが、全身各所にコンパチで戦闘形態になるということでひと安心です。

f:id:HueyAndDewey:20120518183249j:image

商品の性格としてはMGフィギュアライズのシリーズをダウンサイジングしたような位置づけかと思いますが、関節部分やエフェクトにはクリアパーツを多用していて、小さいながらも派手な印象を受けます。

f:id:HueyAndDewey:20120518183508j:image

頭部は二重構造でクリアーパーツのフード内側にフェイス部分が存在します。あー、どっかゼーガっぽいんだな、うんうん。

f:id:HueyAndDewey:20120518190950j:image

こっちは主人公ハルユキの「シルバー・クロウ」

f:id:HueyAndDewey:20120518191302j:image

特徴的な翼は一体化されてます。

f:id:HueyAndDewey:20120518191543j:image

これも頭部は二重構造です。アニメじゃまだここまで描かれてなかった…ような?

f:id:HueyAndDewey:20120518191741j:image

f:id:HueyAndDewey:20120518191940j:image

二重関節やボールジョイントが多用されています。メディアワークスが推してることもあって各社からリリース多数なアクセルワールド、デュエルアバターも他メーカーから塗装済みアクションフィギュアのアナウンスが既になされています。それに比べて価格は低くサイズは大きめとなるバンダイのプラモデルシリーズがどんな立ち位置を占めるかは、何に左右されるんだろう?

f:id:HueyAndDewey:20120518192419j:image

ダンボール戦機Wの水中用LBXシーサーペント。TVじゃ暗い画面の海中で登場して特に水中仕様でも何でもない主人公機に瞬殺されるとゆーあんまりな初登場回でしたが、ゲームじゃ活躍するんだろうか。

f:id:HueyAndDewey:20120518192738j:image

背面に推進器が集中しているデザインはなかなか魅力的です。あまりに直球なスクリューのカタチが、むしろ玩具然として似合っているんだなあ。ところで水中回だったのにトリトーンがすっかり忘れ去られていたのはさすがL5だ。

f:id:HueyAndDewey:20120518193033j:image

Wを横に倒してΣオービス。ロボとはいえ女子の股間がビームってのはどうなんだコレハの合体ロボですが、プラモの方は分離ギミック無しの大型モデル。変形・合体は塗装済み完成品の「Zモード」でリリースでこちらは3体のLBXそれぞれ全身可動、分離変形可能です。

しかしこのタイミングでジャンヌDが並んでないのはやはり疑問ですねえ…

f:id:HueyAndDewey:20120518193505j:image

L5つながりガンダムAGE、ギラーガの腹部はHGでは分割処置で可動させてます。

f:id:HueyAndDewey:20120518193710j:image

対照的に可動部分の少ないAGはオリジナルの有機的なラインを再現出来てて一長一短といったところか。

f:id:HueyAndDewey:20120518193932j:image

AGE-3オービタルはHG/AG共にリリースですがフォートレスはAGのみ。

f:id:HueyAndDewey:20120518194119j:image

コミック版の外伝に先行登場して本編にも殴りこんでくる海賊MS達。右側のダークハウンドは目出度くAGE-2の第三フォームとなるんだろうか。AGEシステム関係ないから「ガンダム」ではないのかな…

f:id:HueyAndDewey:20120518194724j:image

電撃ホビーマガジン9月号(7/25発売)付録のガンダムAGE-2アルティメス改造キット。AGE-2ダブルバレットを強化するパーツでノーマル対応では無い事に注意。

f:id:HueyAndDewey:20120518194454j:image

こちらはホビージャパン10月号(8/25発売)付録のガンダムAGE-1レイザー改造パーツ。AGE-1ノーマル用ですが当然アデルにも転用できます。どちらのキットもプラの関節パーツをポリキャップに置き換えれば一般のHGモデルと同様に可動し、あと発売日がひと月ずれてるのはいろんなところにやさしい配慮かと。

うわさのアレとかソレとかは特になし、期待していたクランシェもなかった…

あわせて読みたい