MENG 1/35 Panzerhaubitze2000 ビルド

今回ご紹介のキットはこちら! 1/35 ドイツ PzH2000 自走榴弾砲増加装甲付き 先のブログでも書いたがパーツ数はそんなに多くはない。 素組みなら毎日2時間程度やれば1週間程で完成するだろう。 やはり一番時間を喰うのは数が多い履帯部分だが、接着剤不要の為スムーズに組み上げる事ができた。 ココで注意したいのが履帯のセンターガイドのプラが非常に薄くなっていること。 破損しないように注意したい。

MENG 1/35 Panzerhaubitze2000 アンボックス

■ 今回からTomoyaさんにもレビューをお願いすることになりました。 1/35スケールのAFVを丁寧に作られるモデラーさん。 作品をご覧になったことのある方もいらっしゃるのでは? どうぞよろしくお願いいたします! ■  今回ご紹介のキットはこちら! 1/35 ドイツ PzH2000 自走榴弾砲増加装甲付き 1970年代よりドイツ(西ドイツ)・イギリス・イタリアは、M109 155mm自走榴弾砲の後継として155mm自走榴弾砲SP-70を共同で開発していたが、さまざまな問題から開発中止になった。それに伴いドイツでは新たな自走榴弾砲の開発を決定した。この車両は2000年の実戦化を目指し、パンツァーハウビッツェ2000の呼称が与えられた。主砲は、ラインメタル社が独自に開発した52口径155mm榴弾砲を採用している。砲身長は8.06mにも達し、砲身先端には多孔式の砲口制退機が装着されている。通常榴弾を用いた場合の最大射程は30kmに達し、ベースブリード榴弾を用いた場合は40kmという長大な射程を得ることができる。

送料が¥500からになります!

ホビーリンク・ジャパンでは9月25日より、佐川急便発送のお取り扱いを開始いたしました。 発送時に佐川急便かヤマト運輸をご指定いただけるようになります。 佐川急便ご利用の際のお値段は カード決済の場合の送料:500円(税込) 代金引換の場合:500円(税込)+代引き手数料 300円(税込)=800円 ヤマト運輸ご利用の際のお値段は カード決済の場合の送料:648円(税込) 代金引換の場合:648円(税込)+代引き手数料 432円(税込)=1,080円 ・・・となります。 もっと便利に!と弊社郵送担当とシステム担当者たちがとても頑張りました。 これからも便利な改善を目指してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 リクエストなどございましたら、ぜひお知らせ下さい。

My倉庫のご案内

  本日はホビーリンク・ジャパンの便利(だと思う)なご注文システム「My倉庫」のご案内です ご存知でしょうか。”My倉庫”。他店様ではあまり見ないシステムだけに、ちょっとわかりにくい(気がする)”My倉庫”。でも、実はとても便利だと思うのです。というわけで、Private warehouseこと”My倉庫”とは? どう便利? どう使う? をご紹介いたします。

タコム1/35 T-55AM Vol.2

タコムT-55AMを作っていきます。まず始めに、中性洗剤などでランナーごと洗いましょう。この時、パーツを折ったりしないよう注意してください。この若干ヌルヌルとした離型剤を落とさないと、塗装が乗らないなどの失敗の原因となる恐れがあるからです。サスペンションは2~3パーツで構成されていて、精密感アップ。訂正書の最初の組み立て手順であり、形の似たパーツもあるので訂正書をよく見ながら進めましょう。この転輪ゴムパーツのようにモールドとモールドの間の狭いところにあるゲートを処理するときは、タガネや画像にあるような刃の小さなデザインナイフがあると便利です。

タコム1/35 T-55AM Vol.1

◆ 今回からRinakoさんにレビューを書いていただくことになりました! ご存知の方もいらっしゃるかもしれません、色々なコンテストでも活躍されている女性モデラーさんでその確かな技術ときちっとしたリアルな表現でとても魅力的な作品を作られる方です。どうぞよろしくお願いいたします!◆ はじめまして。普段AFVを主に制作しているRinako Komatsuです。初めてレビューさせていただきます。よろしくお願いします。 ロシア中戦車T-55AMは、T-55の射撃統制装置の変更、増加装甲などの近代化改修を行った車両です。車体前面と砲塔は複合装甲で、箱絵からもこの増加装甲や追加されたサイドスカートのかっこよさがよくわかりますね!

北海道AFVの会

すっかり遅くなってしまいましたが北海道AFVの会のレポートです。 今月からは定期的にブログを上げていけることができれば!と思っております。 さて、北海道AFVの会。 北海道AFVのは毎年とても季節のいい頃の北海道で開催される会です。 私ごとですが、数年前なのですが、初めて伺ったAFVの会は北海道AFVの会でした。 とてもあたたかく初めてのわたくしも親切に楽しいお時間に混ぜていただき、とてもいい思い出です。 そして、それぞれのAFVの会ごとにカラーがあるとすれば、私は思いました・・・

1/144 AT-AT by バンダイ – ビルド

1/144 AT-AT by バンダイ – ビルド Available from Hobbylink Japan   Earth Shaker 全地形対応装甲トランスポートは全長22.5mの四本脚で歩く巨大戦車である。その立派な体裁は、心理的策略として戦略的理由で使われることが多かった。さらには、兵士の交通手段としての役割も果たしていた。コックピットとセンサアレイはこのウォーカーの頭部に位置していて、スポットライトや主となる備砲も備えている。こめかみ部分にあるブラスター砲や、顎の下に位置する連動式重レーザー砲が備砲の例として挙げられる。ウォーカーの動きをコントロールしているのは、コックピットの中にいる2人のAT-ATパイロットとその後ろに立つ司令官である AT-ATパイロットやその兵士たちは、気候の厳しい環境で与圧コックピットを破壊された時に備えて特殊なスーツを着用していた。重厚な装甲をもつAT-ATはブラスター・ビームではびくともしなかったが、プロトン魚雷などの銃器には弱かった。AT-TEの持つ巨大なマス=ドライバー砲は頑丈なAT-ATのボディーや頭部に傷とつけることはほぼなかった。しかし、初期のモデルの足はミサイルランチャーでも破壊されることがあり、動きがもたつく原因となっていた。さらに、4発ポロトン砲をくらうと完全に破壊されてしまうのであった

1/144 AT-AT by バンダイ – アンボックス

1/144 AT-AT by バンダイ Available from Hobby link Japan The Big Dog on the Block 1979年、私はシェフィールドガウモントシネマで映画を観に行き(何を観に行ったのか覚えてないが)「新作のスターウォーズエピソード5/帝国の逆襲」の予告が映し出されて驚いたのを今でも覚えている。その頃は続編が出るなんて想像もしていなかったのだが、最初の映画を観てからの数年間に、私はスターウォーズへの興味を持ち始めていた。 その予告は、馴染みのあるものと斬新なアイディアの組み合わせできていた。その中の一瞬映し出されたスナップショットがものすごく印象的で、より「スターウォーズエピソード5帝国の逆襲」を観たくなった。予告版はビノキュラーから見える大きな脚のシーンから始まり、雪の中を歩いている巨体の姿が数秒映し出されて終わる。

東北AFVの会に伺ってきました

2017年6月11日、東北AFVの会に伺ってきました! AFVの会とはその地方のモデラーさん達が有志で開催されるミリターリーモデルのミーティング。 第8回東北AFVの会の開催は宮城県仙台市にて。 震災の年に予定されていた仙台での会は開催することはできず、今回はそれから4年たち、初めての仙台での開催になったのだそうです。お天気も良く並木も美しい週末、仙台駅から地下鉄で少し行った旭ヶ丘の日立システムズホール仙台に東北地方を中心に、各地からミリタリーモデルを愛するモデラーが集いました。