単発レシプロ機は1/32スケールがちょうどいい!

本日のキットはパシフィックコーストモデルの1/32「マッキC.202」です。飛行機キットは1/72とか1/48ももちろん大好物ですが、「単発レシプロ機」となると、できれば1/32の方が存在感に迫力があって好きなんですよね、好きな機体ならなおさら1/32がいい。ワタクシがスケールの近い1/35戦車モデラー歴が長いのも原因かもしれません(ヘリはやっぱり1/32・1/35から考えちゃうし)。塗装、特にウェザリングのイメージが湧きやすいのかなぁ?
ということでキットの紹介に合わせて1/32スケールならではのちょうどいい大きさをご覧いただきます



▲こちらが今回紹介するパシフィックコーストの「マッキ C.202」です


▲特別パーツが多いという感じではないプラスチックパーツ。
適度なパーツ数というところでしょうね


▲ね?機体の大きさいいでしょ? 持つとちょうどいいというかなんというか、しっくりくる(かなり個人的感想ですけど)。接着線の処理などは流石に長く(多く)なるけど、やること自体は1/48とそれほど変わらないんじゃないかな?


▲主翼もこんな感じ。ちょっと塗装では面積が大きい分、塗るのは大変かもしれないけど、スケールが大きい分迷彩塗装は塗りやすいでしょうな。どちらかといえば迷彩塗装がラクな方が助かるかも?あ、この機体の特徴、左右羽の長さの違い(エンジンが発生する回転トルクを相殺するため)はもちろんちゃんと再現されています。1/48だとあまり思わないけど、このスケールだとリベットとか挑戦してみたくなるなぁ


▲キャノピーも当然でかい。枠の塗り分けはしやすそう


▲キットのディテールはといいますと、プラスチックパーツはそれなりです。プラスチックパーツはね(ニヤリ)


▲機体全体にはスジボリのモールドが施されていますが、若干浅い部分があったりするみたい。気になる人は軽く彫り直しておくといいかも?


▲なぜプラスチックパーツのデイテールが少々淡白に見えたのか? それはプラスチックパーツ以外でディテールを補填する作りになっているキットだからなのだ! コクピットを始め、レジンキャストパーツだけでもこんなに付属してます。排気管もよくできてる!


▲結構大判のエッチングパーツも付属します。スケールが大きいですからね。解像度(大きいから見えちゃう度)が上がっている分、細部の再現度は重要。その点ではしっかりとディテールを補填してくれています。ちなみにエッチングパーツはエデュアルド製のものとなっています。残念ながらカラーエッチングではありませんが、フィルムの計機盤も付いてます


▲デカールはカルトグラフ製なので品質もバッチリ!これはスケールに限らずデカールがしょぼいと萎えますからねぇ


ワタクシ、スピットファイアのキットコレクターなんて一面があったりするのですが、以前1/32のMk.IXはパシフィックコーストモデルのキットが初で唯一だったんです。購入を迷っていたら、結局タミヤからMk.XVI、Mk.IXが出たりして、かのキットは忘却の彼方に。でもコレクター的にはやっぱりパシフィックコーストモデルもゲットしとくか!…と出会ったのがこのマッキC.202です(つまりスピットは未だ買わずじまい。スピット好きを患いながら地中海と北アフリカ戦線好きも拗らせているので仕方ない)。キットを開けてみるとワタクシ好みといいましょうか、機体の大きさが超いいなぁ〜(かなり個人的感想)なんて。マルチマテリアルな感じも好きなんですよね。正直作りやすいかどうかわかりませんし一筋縄では行かないかもしれません。だからこそ完成させた時の満足感や充足感は特別なものになる予感しかしない、さらに1/32ですからね。存在感ありそ〜なんて考えるとワクワクする…う〜ん模型は面白い!ではまた来週〜


今回のキットはこちら!

斎藤 仁孝

元戦車模型専門誌「月刊アーマーモデリング」誌編集長にして、現在は月刊モデルグラフィックス誌などで活躍する模型誌モデラー。戦車模型への愛と知識もさることながら、陸海空スケールキットからキャラクターモデルに到るまで全てのジャンルに精通。約1000個のキットストックを持つ生粋の模型好き。

あわせて読みたい