内藤あんもの作らずにはいられない【Kfz.1 工作編その3】

どもども内藤あんもです。三連休なのをすっかり忘れており「ブログ記事の〆切は明日だよなー」と悠長にスピットファイア組んでたら「アッ」ってなった次第。いや、ちゃんと進めてますよKfz.1!そして来週も三連休だぞ!

▲さてと今回はイケたら塗装まで…と思ったんですが、ちょっと脇道逸れてみたり。それとアレです、足回りが華奢だし車体もガッチリ固定しないと少々不安なので接着して強度を増します。その為に先にエアブラシが届きにくそうなところを塗装しちゃいましょう。具体的には足回り(特にサスペンション)、タイヤハウス、エンジン、ダッシュボード下あたりですね


▲使う塗料はこの後も基本塗装になるジャーマングレー。クレオスのC513ジャーマングレー/ドゥンケルグラウを使用します。このあとウェザリングも入るのでざっくり吹き付けるだけで大丈夫。


▲因みにエンジンさんもこれで見納めなのだ…ボンネット開けれる仕様になっていればなあ…残念だなあ(すっと接着剤を流し込む )




▲これで基本工作終了…まあ、ぶっちゃけもう少し手を加えてもいいんですが今回はあくまでサクサクとが目的ですので!とはいえせっかくなのでちょっと遊んでみたいなあと思った時にピーンと来ました。ICMからドイツ軍ドライバーセットが出てるじゃないか(https://hlj.co.jp/product/ICM35642)。疾走感あるパッケージで発売時話題になったやつです




▲ただKfz.1用に作られているわけではないのでそのままでは御覧の通り座りが悪いです。ですので…




▲若干切った貼ったしてしっかりアクセルを踏みつつハンドルを握りシフトレバーを操作してるように小改造。ぶっちゃけ足元は見えないのでアクセル踏む仕草はほどほどでいいんですけどね!そうそう、例のシフトレバーは真鍮線に置き換えてあります


▲ちゃんと組み込んでみました。ソフトスキンはフィギュアが組み込まれると雰囲気出ますねえ。このあと隙間とかパテで修正したりして完成させましょう。塗装もしなきゃなー(ちょっとめんどくさくなってきた)


▲改造とかはしない予定でしたがアクセントとして(あとドライバーを組み込みやすくするってのもありますが)運転手側のライフルホルダーからライフルを切り取ってみました。ライフルホルダーのエッチングパーツも出ていますがここだけ急に置き換えても違和感があるのでプラパーツで再現


てなわけで若干の追加工作をしてみました。次回塗装して完成してるといいですね…!実はすでに次何作ろうか色々考えているトコロです。何がいいかなあ…⁉︎


今回のキットはこちら!

ないとうあんも / 月刊アーマーモデリング誌での連載を始め、月刊モデルグラフィックス誌といった模型専門誌で作品を発表するなど、絶賛活躍中のプロモデラー。模型誌の誌面ではAFV作例製作で起用されることが多いが、じつは航空機模型やキャラクターものにも造詣が深いオールマイティービルダー。


あわせて読みたい