緊急潜入取材!アミュージングホビーの最新キットはアメージングな内容だった!

▲デカっ!こんな箱の厚み見たことないっっ!これは作りごたえアリそうですね〜

気温38度、バーバーとうるさいだけの扇風機も虚しく蒸し熱い事務所に「あ〜アンタが欲しがってた新しいネタ、入りやしたぜ?」とタレコミが飛び込んできた。「なにっ!あれか?ガセじゃねえんだろうな? よし、そっちに行くから待ってろよ」「褒美の方は頼んますぜ」「チッ、しっかりしてやがる。わかったよ、そのかわりガセだったら承知しねえぞ!」商売道具のカメラを握り、汗だくの体をシートに滑りこませて車を走らせる…「まさかあのネタとはな」
ちょっと語尾が違うだけで概ねそんな感じのやり取りがあり(そうなの?)、AFVモデルファン待望、アミュージングホビーのフルインテリア・フェルディナントのキットが、先行でひとつだけ日本に上陸したとの知らせを受けて、早速取材に行ってきました。まず箱のインパクトが凄すぎてビビりましたが、価格を聞いてさらにびっくり!定価税別8900円だっていうじゃないですか!なんでその価格でできるの?もう「アメージング」モデルに社名変更した方がいいよ(笑)ということで、気になるキットの内容も取材してきましたので紹介していきましょう!

▲こちらが箱を真上から見たところ。発売は9月を予定しています(現在予約受付中)


▲作りごたえありそうですね〜。フェルディナントのパーツだけなのですが、
戦闘室から機関室までまさにフルインテリアの内容なのでパーツ数は流石にすごいですね
▲パーツ数が多いから大変かというと、キャタピラが組み立て式とベルト式を選択できるようになっているんです。「何でもかんでも大変にしてやろう!」というのではなく、イージーに作れるところはその選択肢も用意してくれてる。これは嬉しい人多いんじゃないかな?なかなか気が利くキットですね!
▲何がパーツ数ってやはり車内です。特にエンジンとモーターといった駆動系にはパーツ数をかけているようです。組んでいませんが、組み立て説明書とパーツを見る限り「このキットも肝はインテリアなんだ」ということが伝わってくるほど、言い方はよくないかもしれませんが鬼気迫った感じ?のパーツ分割とそれによる精密感。とにかくすごいっす!
▲インテリアが〜とか言ってきましたが、外側に目を移しても、戦闘室外壁には圧延装甲の荒れた感じもモールドされていたりと抜かりはありません(個人的には400番〜600番ぐらいの紙ヤスリで表面をひと撫でしたらいい感じに仕上がるだろうな〜と思いました)
▲何気に金属パーツもてんこ盛り。砲身まで金属なんですねぇ。この内容ならほんとかなり割安じゃないですかこのキット!?
▲エッチングパーツも付属します。メッシュ部分以外はインテリア用パーツのようですね
▲フルインテリアキットならではだと思うのですが、装甲パーツの一部がクリアーで成型されています。クリアー部分を塗装しなければ完成後も車中が見えるというわけですね。塗ってしまうならどちらでも同じな訳で、同じならばクリアーにしておいてくれた方が気が利いてるってもんですよね
▲箱に厚みがある理由その2、車両以外にクレーンがついている!
近頃、重戦車クラスのフルインテリアキットとなると5000円は無理、やっぱり8000円は超えてくるものが多いですよね。改めて言いますがこのキットは車両とクレーンがセットで1万円を切ってるんですよ!
ものは考えようなのですが、フルインテリアの車両はそれとして作って、クレーンは他社でもいいからティーガーⅠの砲塔を吊り上げて情景仕立てにしてもいいわけです。ほんとお買い得ですよね。クレーンのパーツはトラス部分が一体成型になっているので組みやすく、また強度もしっかりしています。完成するとご覧の通り。チェーンは金属製が付属します


女性フィギュア「ジルプラ」の続きを楽しみにしていたみなさん本当にゴメンなさい。でもね、超ホットなニュースが来てしまったんですよ。そうするとですね、元情報誌を作っていた者としては「活きのいいものは活きのいいうちにお出ししたい」と思ってしまうのは仕方ないこと。と、言い訳はこのぐらいにして、来月9月発売予定のキットを先取り情報として駆け足で紹介していきました。またこういうネタがあったらどこよりも早く、どんどんブッこんでいきますんでよろしくお願いします。次回はいよいよ「女性フィギュア塗装編」をお送りする予定です。というわけで明日から週末&祭日ですね。また来週お会いしまっしょい!




今回のキットはこちら!
▲1/35 ドイツ重駆逐戦車 フェルディナント(フルインテリア) & 16tストラボクレーン by アミュージングホビー
▲その他、アミュージングホビーキットはこちら!

斎藤 仁孝

元戦車模型専門誌「月刊アーマーモデリング」誌編集長にして、現在は月刊モデルグラフィックス誌などで活躍する模型誌モデラー。戦車模型への愛と知識もさることながら、陸海空スケールキットからキャラクターモデルに到るまで全てのジャンルに精通。約1000個のキットストックを持つ生粋の模型好き。

あわせて読みたい