穴を空けるだけじゃない⁉︎これが斎藤的オススメのピンバイス!

▲ワタクシが日頃使っているドリル類です。買い足してるうちにこんな感じになりました
(このほか電動ドリルとリューターもあるけどそれはまた今度)


タミヤですら、説明書に「ドリルで穴を空けてください」なんて指示があることもあるわけで、ドリルは模型作りの必需品ですよね。ワタクシもたくさん使ってきました。でも最近は「これがあれば他のはいらないかもなぁ〜」なんてお気に入りのピンバイスがあるんです。というわけで、今日はワタクシが現在ベストと思っているピンバイスを紹介したいと思います!

▲というわけでオススメしたいのが、ゴッドハンドの「パワーピンバイス」です。同社のドリルビットと合わせて使うことでパフォーマンスを発揮しますので、セットで使うことで「オススメ」となります


▲このドリルが偉いのは、ドリル部分の太さにかかわらず、ピンバイスで咥える部分の太さが同じということです。今までのは細〜いの使った後に太めのドリルを使おうと思うと、チャック部分のサイズを変える必要があるんです。その結果めんどくさくってピンバイスの本数が増えたりするんですが、これならどのサイズでも一緒なので本当便利!


▲チャックの交換をしないで済むってだけなら他にもあるんですけど、ゴッドハンドさんが偉いのは、ビットに種類があるってところがいいんですよね〜。ドリルビットにも種類があったり…


▲ビットブレードなるものがあったり(ワタクシはノミっぽく使っちゃってます)


▲スピンモールドなる、穴の底が平らになるなんてビットも(まだ使ったことないけど便利そうでしょ?)


たかがドリル、されどドリルなんですよね。「良い道具を使った方が上手くできますよ」なんて言う気はさらさらないけど、穴あけ作業ひとつとっても「気持ちいい!」なんて思わせてくれる道具ってあるわけで、そう感じたものを「良い道具」と思っています。物作りを趣味としているのには、そういう小さな気持ちよさを感じることはすごく重要。極論かもしれないけど、ワタクシに言わせれば模型作りはひたすら完成を目指す!…のではなくその道中を楽しむもの。完成なんて気にしてません。製作途中こそがフルコースのお料理をいただいているって感じ。完成は結果でしかないかなぁ?なので作業の楽しさを加速させてくれる「良い道具」は重要と思っていたりもするのです。ではまた!



今回のツールはこちら!
パワーピンバイス ゴッドハンド

斎藤 仁孝

元戦車模型専門誌「月刊アーマーモデリング」誌編集長にして、現在は月刊モデルグラフィックス誌などで活躍する模型誌モデラー。戦車模型への愛と知識もさることながら、陸海空スケールキットからキャラクターモデルに到るまで全てのジャンルに精通。約1000個のキットストックを持つ生粋の模型好き。

あわせて読みたい