作らないの後悔にサヨウナラ「てのひらサイズの女神たち」

ジャンルとして完全に確立した可愛い女の子キャラクタープラモ。ワタクシだってオッサンながら「カワイイ」ものはキライじゃない。どころか、どちらかといえば断然スキ。で、「大好きなプラモ」と「好きなカワイイ」が合体してるんだから興味が湧かないはずがない。それは気が付いていましたよ。ですが、フレームアームガールズですっかり乗り遅れてしまい、気がつけば周回遅れに(アニメは全話見た)。このままではいけない!という気はしていたものの、ここまできてしまったのにはちょっと後悔してます。ということで本日はちょっと勇気を出して(?)今更感はありますが、壽屋さんのメガミデバイスシリーズから「BULLET KNIGHTS ランサー」を例に女の子キャラクタープラモを初心者のワタクシなりに紹介します!



▲オプションというか、キットにはこんなにパーツが入ってるんです。スタンドも付属するのは嬉しいですねぇ(ショーケースとかないんで、おそらく箱に入れて保管するけど)。あと色塗る気がしないのもイイね。下手に手を出すよりこの状態で完成してる。本当は塗りたいんだけどじゃなくって、塗らないで満足


▲カワイイだけじゃなくってカッコよくもある「BULLET KNIGHTS ランサー」。結構なボリュームです


▲何しろメインウェポンのランスが長い!


▲ちなみに盾とランスは組み合わせると乗り物にもなるのです。乗り心地がいいのか、スピード狂なのか嬉しそうですな!


▲キットにはスプーンとフォークもついてる(理由を聞いたことあるけどすっかり忘れました)。お腹と胸は素肌(?)とスーツ(グレーのパーツ)のリバーシブルになってます


▲後ろ姿です。ヒップから足の流れがいいですね。可動を盛り込みつつボディやヘッドの大きさとバランスをとるなど、黄金比というかツボがあるんでしょうな。そこは先駆者の壽屋さんですから抜かりない感じ。初心者のワタクシにもわかります。可動でいうなら爪先がキュって曲がるのがとってもキュート


▲フェイスパーツは3種類付属します。ちなみに塗装済みなのです


▲デカールも付属。発色もいいし上質なデカールですね。塗る派には嬉しいひとみデカールもついてます。今回デカールは貼りませんでしたが、指示通り貼るとどこぞの騎士団入りします(やんわり禁句)


▲パーツをちょっと差し替えて遊んだりもできます(MM30病)。脚のプロテクターもカッコいい。ピンヒールがどこぞの騎士団感を…


やっぱりいいですね。カコイイかわいい。なんだか無性にフレームアームガールズからやり直したくなりました。作るってことで言えば、物足りない感じというか、早く完成させたくなっちゃう感じはありました(私感)が、完成品をゲットするよりも作るぶんだけ愛情は感じやすいかな?うちの子感というか。というわけで大いなる一歩を踏み出したワタクシ。次はゴウライ作ろっと! ではまた〜


今回紹介したキットはこちら!

斎藤 仁孝

元戦車模型専門誌「月刊アーマーモデリング」誌編集長にして、現在は月刊モデルグラフィックス誌などで活躍する模型誌モデラー。戦車模型への愛と知識もさることながら、陸海空スケールキットからキャラクターモデルに到るまで全てのジャンルに精通。約1000個のキットストックを持つ生粋の模型好き。

あわせて読みたい