「エデュアルド流」週末模型ライフの提案に偽証罪の疑いあり⁉︎

エッチングパーツやら、レジンパーツやらをキットに付属させることで完成度を高める手法を使うエデュアルド。でも万人向けとは言い難い面もある。そこでプラスチックパーツのみにして、工作のハードルを下げることで完成のしやすさを優先させたのが「 ウィークエンドエディション」シリーズです。いや、そのはずですよね?(エッチングパーツつきはリミテッドエディションとか言われるケースが多い)それがですね、今回ウィークエンドエディションの中にプラスチックパーツ以外が入ってるキットがあったんです。そこで私設模型警察急遽出動、偽証罪の疑いで検挙したのが今回紹介するエデュアルド 1/48 「Bf 108」 ウィークエンドエディションです。



▲これが容疑をかけられている
エデュアルドの1/48 Bf108 ウィークエンドモデル


▲キットの内容はこんな感じです


▲最新ではないのでリベットがビッシリって感じではないけど、スジ彫りとリベットがすっきりと処理されていますね動翼部分の梁が浮き出た様子などよくできてます


▲民間機らしくシートはクッションが入ってて座り心地良さそう。ちなみにこの飛行機は4人乗り。車みたいな座席配置になっています。コクピットは床と側面が別パーツになっていて、再現度も高くて充分なディテールです。計器版も立体的にモールドされています


▲エンジンパーツも付属します。が、機体パーツ左右でサンドイッチしてしまうので、ほとんどというか、ほぼ見えなくなるんです。すごくよくできてるのにちょっと残念


▲クリアーパーツはこれだけ。乗員の乗り降りは左右が車みたいに前にガバッと開くんですが、別パーツにするとそれだけで綺麗に作るのは至難の技でしょうね。なのでキャノピー一体は良い判断と思います


▲はい検挙! エッチングパーツ付けちゃったな。現行犯です。
でも基本的には使わなくても完成させることはできるようです。というより、説明書ではエッチングパーツを使うようにという指示はない。つまりこれはオマケパーツ。自分の気分やスキルで使ってもいいし、なくてもちゃんと作れるというわけですね。う〜ん、これは悪気はなかった、むしろ良心的と判断するべきだろう。よし釈放だ!


▲大人の事情でスワチカが大変なことになってますが、それはさておき、マーキングは日本に輸入された機体とレーサー機を再現。シートベルトがデカールで用意されているのがいかにもウィークエンドエディションらしくて良いですね。こういうことでしょ?ウィークエンドエディションって


誤認検挙でした今回の案件。危なく罪もない模型を検挙するところでした(なにが?)。というわけで、実はイカしたオマケ付きのこのキット、パーツは作りやすそうだしかなり優秀なキットと思います。レーサー機ですからグロスで仕上げたりもいいですねぇ〜、単色なので缶スプレーでも仕上げられそうですから今週末(ウィークエンド)にいかがですか?また明日〜


今回のキットはこちら!
1/48 Bf108 タイフーン ウィークエンドエディション エデュアルド

斎藤 仁孝

元戦車模型専門誌「月刊アーマーモデリング」誌編集長にして、現在は月刊モデルグラフィックス誌などで活躍する模型誌モデラー。戦車模型への愛と知識もさることながら、陸海空スケールキットからキャラクターモデルに到るまで全てのジャンルに精通。約1000個のキットストックを持つ生粋の模型好き。

あわせて読みたい