Category: レビュー

1/144 AT-AT by バンダイ – ビルド

1/144 AT-AT by バンダイ – ビルド Available from Hobbylink Japan   Earth Shaker 全地形対応装甲トランスポートは全長22.5mの四本脚で歩く巨大戦車である。その立派な体裁は、心理的策略として戦略的理由で使われることが多かった。さらには、兵士の交通手段としての役割も果たしていた。コックピットとセンサアレイはこのウォーカーの頭部に位置していて、スポットライトや主となる備砲も備えている。こめかみ部分にあるブラスター砲や、顎の下に位置する連動式重レーザー砲が備砲の例として挙げられる。ウォーカーの動きをコントロールしているのは、コックピットの中にいる2人のAT-ATパイロットとその後ろに立つ司令官である AT-ATパイロットやその兵士たちは、気候の厳しい環境で与圧コックピットを破壊された時に備えて特殊なスーツを着用していた。重厚な装甲をもつAT-ATはブラスター・ビームではびくともしなかったが、プロトン魚雷などの銃器には弱かった。AT-TEの持つ巨大なマス=ドライバー砲は頑丈なAT-ATのボディーや頭部に傷とつけることはほぼなかった。しかし、初期のモデルの足はミサイルランチャーでも破壊されることがあり、動きがもたつく原因となっていた。さらに、4発ポロトン砲をくらうと完全に破壊されてしまうのであった

1/144 AT-AT by バンダイ – アンボックス

1/144 AT-AT by バンダイ Available from Hobby link Japan The Big Dog on the Block 1979年、私はシェフィールドガウモントシネマで映画を観に行き(何を観に行ったのか覚えてないが)「新作のスターウォーズエピソード5/帝国の逆襲」の予告が映し出されて驚いたのを今でも覚えている。その頃は続編が出るなんて想像もしていなかったのだが、最初の映画を観てからの数年間に、私はスターウォーズへの興味を持ち始めていた。 その予告は、馴染みのあるものと斬新なアイディアの組み合わせできていた。その中の一瞬映し出されたスナップショットがものすごく印象的で、より「スターウォーズエピソード5帝国の逆襲」を観たくなった。予告版はビノキュラーから見える大きな脚のシーンから始まり、雪の中を歩いている巨体の姿が数秒映し出されて終わる。

PLUM SILPHEED BUILD

1/100 SA-77 Silpheed The Lost Planet Version by  P.M. Office A Availble from HobbyLink Japan here. Lost to the Universe… “私は30年近くゲーム作りをしているが、それを支えるモチベーションとなっているのは人々を幸せにしたいと思う強い気持ちだ。シューティングゲームやアクションゲームでは脅迫的な面を取り除くことがゴールであり、その結果として野蛮なイメージを負うことが多くある。しかし、私の考えるゲームの核心的な部分はそういうイメージでは無い。そこには何か他の真髄にあたるものがあるだろうし、人々を幸せにする特徴や構造があるに違いない。”―ファミ通マガジンの宮路武の最後のインタビューより。 宮路武は日本でゲームクリエイターとしての作家主義を主張した最初の世代のうちの一人である。彼は初期のシンプルなコンピューターゲームを、重要で価値のあるものに変えた。株式会社ゲームアーツをともに設立した兄の宮路洋一は、ガングリフォンやLUNAR(ルナ)シリーズ、グランディアシリーズ、そしてシルフィードの製作を影で支えていた。 2011年、彼はゲームクリエイターの真の指導者となった。

PLUM SILPHEED UNBOX

1/100 SA-77 Silpheed The Lost Planet Version by  P.M. Office A Availble from HobbyLink Japan Ghosts of the Past 残念なことに、シルフィードのゲームシリーズを知っている人はあまり多くはいない。シリーズコミュニティの小ささや、安定しないクオリティー、また限られた販売店の数などが理由にあたるであろう。後に、情報が広まり探している人にとっては少しばかり見つけやすい環境になった。 しかしながら、アーケードやホームポートの歴史家たちはゲームの内容をほとんど理解していなくても、その重要性は分かっているようだった。 第一に重要な理由としては、このゲームがアメリカではじめて英語化された日本のゲームの一つであることだ。アメリカ独自のゲームの発展が起こった黄金期に、ゼリアードやテグザーなどの日本のゲームを輸入していたシエラエンターテインメントを通じて翻訳が行われた。

1/12 KOS-MOS コスモス Ver.4 エクストラコーティング by コトブキヤ 。パート2。ビルド。

    The Ghost is the Machine… コトブキヤは日本のプラモデル界で一風変わった特徴を持っている。 私のレビューを見たことのある人なら気づくかもしれないが、私は以前からプラモデルの歴史に興味がある。 プラモデルは、もともとはアメリカやヨーロッパの会社がより多くの顧客を得るために、船や飛行機(飛行船など)のプラモデルを観光業の為に大量生産したのが始まりだと言われている。トーマス・クックや他の起業家たちも彼ら独自の自動車を作りたがっていた。

1/12 KOS-MOS コスモス Ver.4 エクストラコーティング by コトブキヤ 。パート1。アンボックス

Available from Hobbylink Japan here The Breadth of the Cosmos KOS-MOS(コスモス)は、モノリスソフトが開発したゼノサーガシリーズの中のキャラクターだ。ゼノサーガシリーズはプレイステーション2(以下PS2)初の三部作構成で、元のプレイステーションのゼノギアスの続編と言われることもある。 ロマン的な未来を表現しているゼノサーガシリーズでは、発展したテクノロジーに操作されている社会がまさに破壊されそうになっている様子を表していて、特にPS2ゲームの最初の三作は、ユダヤ・キリスト教、そしてニーチェの哲学的思想を大いに参考にしている。運命、死、アポロ・ディオニュソス的観点主義、そして神の死などに関連するアイディア、またそれらに関係のある思想などが参照されている。 .

1/2 BB-8 by バンダイ パート2 – ビルド

キック・ボール JJ・エイブラムス監督は、スターウォーズの続編の中に新しい、中心的なアストロメック・ドロイドをR2-D2以外にも必要だと認識しBB-8を取り入れた。 この新しいドロイド、BB-8はアストロメックシリーズのデザインを壊さず、かつR2-D2のデザインとは根本的に変える必要があった。

1/2 BB-8 by バンダイ パート1 – アンボックス

小さく愚かなドロイド 宇宙船の中で自動的に動き働くアストロメックドロイドは、アストロやメカなどの名前で呼ばれることもある。このコンパクトなドロイドは修理器具が先端についている四肢を収納するスペースが体内にあります。多くの戦闘機の操縦士は、戦闘法やパワー配分をアストロメックの副操縦士の決定に頼っていた。BB-8は戦闘機のアストロメックのソケットに座り、操縦やハイパースペースジャンプのための軌道の計算を担当した。また、簡単な修理作業も彼の仕事の一つだった。

1/32 ソッピース・スナイプ 前期型 by ウィングナットウィングス – パート2 – 作り

Hobbylink Japanで買う   http://www.hlj.co.jp/product/WNG32020/Air 私は、非常に長い時間をSFやファンタジー作品のキットを作成することに時間を費やしてきた。 それらは、私自身の想いと強く共感するものであり、言うなれば「心の影」とでもいえるものである